相対性理論



相対性理論(そうたいせいりろん)|2006年9月に結成された日本の音楽プロジェクト。東京都を基点として活動している。インディーズのレーベルであるみらいrecordsに所属。『ポストYouTube時代のポップ・マエストロ』、『全天候型ポップ・ユニット』、『ポップ・シークレット・プロジェクト』を名乗る。実験的なサウンドが特徴である。

ボーカルの”やくしまるえつこ”は相対性理論以外のユニットやソロ活動でも活躍している。

やくしまる えつこ|日本の女性歌手、作詞家、作曲家、音楽プロデューサー。ミュージシャンとして相対性理論、TUTU HELVETICA[1]、やくしまるえつことd.v.d、熱海のピンチョン、ひらくし°などのユニットで活動するほか、イラスト、朗読、ナレーション、CM音楽などの幅広い芸術活動を行っている。作詞・作曲を行う際の別名義はティカ・α。坂本龍一、鈴木慶一、近田春夫、高橋幸宏、砂原良徳、栗コーダーカルテット、大友良英、Giulietta Machine、ジム・オルーク、d.v.d、菅野よう子、sim、メルツバウ、ECD、ドラびでお、フィッシュマンズら数々のアーティストとの共作や共演を行い、ポップソングから、ジョン・ゾーンのコブラのような即興セッションへの参加まで、ボーダーレスな活動が特徴的である。

非常に透明感のある声は人知を超えている。声が聞こえているのか、聞こえていないのか、それが声だったかどうかも忘れるような、いわば”音”である。相対性理論の初期のアルバム『シフォン主義』の楽曲は、”相対性理論”のバンド名が示す通り、

スマトラ警備隊(2:42)
LOVEずっきゅん(3:19)
夏の黄金比(3:40)
おはようオーパーツ(3:29)
元素紀行(2:44)

と科学にちなんだものも多く、メロディラインや音楽性の高さ、ボーカルやくしまるえつこの声、そして暗号化されたような、歌詞の数々には衝撃を受けて人も少なくはないはず。ファーストアルバム『シフォン主義』から『ハイファイ新書』へと続くアルバムは、音楽の解体と再構築の過程をリアルタイムで目にできた感動すら覚えたものだった。

また、相対性理論+●●とゲストアーティストを迎えたものや、ソロ名義でのものにはより実験的な音楽が作りこまれており、アニメの概念を変えたといわれる”少女革命ウテナ”の”幾原邦彦”が「家族」をテーマに監督・脚本を担当するオリジナル・アニメ作品の主題歌に起用されるなど、アニメとのコラボレーションも多く手掛けている。

1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ
https://woodtec-kimura.com

最近の投稿PC版

地図

[instagram-feed]