ウッドテックキムラLOGO
宇治市の住宅街。自分が、家族が使いやすいように動線や収納スペースをしっかりこだわって考え抜いた家が完成しました。建売ではできない、完全に自由設計のプランだから出来たこのお家。部屋の収納スペースを廊下側からの2方向から開閉可能にし、取り出し、保管の効率を考えたり、廊下をひとつの間仕切りとして、リビングスペースとお風呂・トイレとをあえて離すなど随所にこだわりが詰め込まれています。

建替え前のお家、取壊し風景からも見てわかる通り、昔ながらの土壁を使用されていました。京都は夏の暑さ冬の寒さはとても厳しいので、しっかりと断熱を考えた建替を決定されました。玄関部分には大きな鏡付きのシューズボックス。夏冬の冷暖房効率を高めるために、和室とダイニングを仕切ることが出来る引き戸を設置。移動効率を上げる為に、和室側、ダイニング側に扉を設置しました。玄関から続く廊下の左右に、居住スペース(LDK+和室)と、階段・トイレ・お風呂とが廊下を挟んで向かい合っています。一番長い時間を過ごすことを想定した和室部分には、道路側は高い位置に設計した明り取りの窓を。明るいお部屋にするために、ガレージ側に大きな掃き出し窓を。仕事帰りのお父さんの帰りがすぐ分かり、家族の距離を近づけてくれます。