TOPへ移動
富野M様邸
里ノ西S様邸
里ノ西S様邸
乾垣内S様邸

奏セミナー|はじめての補助金申請

H30年度 長期優良住宅化リフォーム推進事業|もらえる人:長期優良リフォームの発注者、長期優良リフォーム済み住宅の購入者(補助金受領者は業者さんですが、最終的には上記の家主に還元されることになっています。)|もらえる額(最大額):1住戸あたり最大250万円+50万円(※)三世代同居対応改修工事を実施する場合に50万円を上限に加算|主な要件:リフォームによって「劣化対策、耐震性能、省エネ性能、維持管理性能」など、長期使用のための性能について一定の要件を満たす。リフォーム前にインスペクションを実施する。 など

この補助金を受けるためにはどうすればいいの?

平成30年度 長期優良住宅化リフォーム推進事業 補助メニュー

申請のタイプ 補助事業の型 補助限度額
通年申請タイプ 評価基準型 最大100万円/戸
認定長期優良住宅型 最大200万円/戸
高度省エネルギー型 最大250万円/戸
事前採択タイプ 提案型 最大100・200万円/戸

補助対象となる費用および補助の上限額

この補助制度において補助対象となる費用は以下に示す
①長期優良住宅化リフォーム工事と
②インスペクション等にかかる費用
となります。

補助額はこれらの費用の1/3以内の額、なおかつ、上表の各補助の事業タイプごとに定められた補助限度額以下ということになります。
なお、
補助限度額は三世代同居対応改修工事を行う場合はその工事について50万円を上限に加算されます。
例えば、高度省エネルギー型の場合、三世代同居対応改修工事を行わなければ補助限度額は250万円ですが、三世代同居工事を行うときは、補助限度額は300万円になります。

このように、リフォームを考えられている方にとって大変有意義な国策ではありますが、個人で理解するには大変難しいです。リビングの内装をリフォームするから補助金出るかな?と言っても、条件が合わなければ1円も補助金は出ないのです。補助金を利用して賢くリフォームできるお手伝いとして、セミナーを開催させて頂きますので、どうぞお気軽にご参加ください。

内 容 長期優良住宅化リフォーム推進事業の補助金についてのセミナー
ご予約 0774-52-1387
講 師 長谷川 昭 _ 設計デザイン
日 時 毎月第4土日予定(13:00~14:00)


正行蝦名

わたしが執筆しました
広報 蝦名正行

1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ

最近の投稿PC版

recommend

KUROMUKU

暮らしを豊かに

read more »»



空間を引き締め、強さやグレード感を与える黒は、古くから建築のプロにも愛されてきた。たとえば黒い鉄のサッシが印象的な、歴史あるビルの一室。そこに無垢の木が組み合わされば、空間にやわらかな包容力がプラスされる。わたしたちの社屋にも取りれている要素、木と黒鉄。人生が変わるキッチンや家具を取り入れてみませんか。


our

WORKS

わたしたちの仕事

read more »»



城陽市を中心にリフォーム、新築、建替をさせていただいています。リフォームに関しては構造が見えないところをイメージしながら、どんな状態になっているかが外側からではわからないため、リフォームを主に施工する工務店でないと難しい部分もあります。リフォームや新築工事などこれまでにおこなった1例を掲載させて頂きます。


now on sale

REAL ESTATE

土地建物紹介

read more »»



LIXIL不動産ショップでもある当店。土地の仲介から設計、施工までワンストップで行うことが出来ます。もちろん自社物件以外にも様々な土地の仲介が可能です。土地をお探しの方も、お持ちの土地の活用、売却でお悩みの方は当店の宅地建物取引士に一度ご相談下さい。城陽市・宇治市・京田辺市の不動産は当店ウッドテックキムラで相談。


day

BLOG

日々のこと

read more »»



施工途中の工事や、スタッフの日々。ウッドテックキムラの日常を不定期でご案内。施工事例などの完成後写真ではない施工途中の木の骨組がむき出しの表情など、普段は見ることの出来ない場面などをお伝えします。その他は主にスタッフの休日の思い出などをつらつらと書き連ねています。どうぞ御覧ください。


&me

MUSIC

私と音楽

read more »»



広報蝦名のごく個人的な音楽紹介。ポップカルチャーは既にテレビの中にはない。ラジオにもない。インターネットの膨大な情報に埋もれてしまっている。それはもはや「ポピュラー」なのか?いやそうではない。最新のポップカルチャーはもはや「ポピュラー」ではないことがセオリーなのだ。

地図

[instagram-feed]