TOPへ移動
富野M様邸
里ノ西S様邸
里ノ西S様邸
乾垣内S様邸


お風呂を愛する国の、バスルーム。LIXILのシステムバスルーム「スパージュ」。それは人生を豊かに潤すシステムバスルームです。ラグジュアリーな高級感を演出するハイグレード浴室「スパージュ」リクシルの最上級グレード浴室スパージュは、「湯を愉しむ、湯をまとう、湯をつつまれる」をコンセプトにした高級浴室です。1日の疲れをほぐす大切な浴室でのひとときを、上質な空間で過ごしてみてはいかがでしょうか。自宅での入浴とは思えないほどの充実の設備で、リラックスできること間違いなしです。スパージュで疲れを癒すリフォームをしませんか?

スパージュ

肌をなでるお湯、かつてない快感入浴を満喫させます。


首から肩に、やさしいお湯をまとうかのような、新感覚の肩湯。全身浴でも、半身浴でも心からリラックスできる、まったく新しい入浴スタイルが楽しめます。肌をなでるようなお湯の感触、お湯が織りなすベールのようなその優美な様を美しく演出する照明。身も心も解きほぐす格別の時を育みます。

アクアフィールの肩湯。


美容にも健康にもふさわしい入浴法です。肩湯は、頸を直接温めることにより、血流量が増します。肩こりは、血行が悪くなることから引き起こされるもの。お湯が筋肉の緊張をほぐし、発痛物質が血液により洗い流されるというメカニズムから見ても、肩湯は美容にも健康にもふさわしい入浴法と言えるかもしれません。

少ない湯量の肩湯入浴であっても、全身浴のように温まることができる半身浴は、全身浴に比べ、湯量が少なく腹部への水圧による負担が少ないために、呼吸がしやすく、長く入浴できます。一方全身浴は、肩までつかる心地よさが特長。その両方の良さを一度に味わえるのが、お湯を少なめに入れて楽しむアクアフィールの肩湯です。

スパージュ

たっぷりと全身で、湯を浴びる。


一流ホテルのバスルームで浴びる、たっぷりとしたオーバーヘッドシャワーの感触が、アクアタワーなら自宅で満喫することができます。バスルーム空間にあって、それ自身がひとつのデザインエレメントとなるアクアタワーで味わえる、ワンランク上のシャワー体験です。どの位置を向いても、全身を包み込んでくれるような、ボリューム感のあるお湯の広がりを実現。ちょっと贅沢なシャワータイムが楽しめます。

oabata

わたしが執筆しました
営業 尾畑康和

1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ

最近の投稿PC版

recommend

KUROMUKU

暮らしを豊かに

read more »»



空間を引き締め、強さやグレード感を与える黒は、古くから建築のプロにも愛されてきた。たとえば黒い鉄のサッシが印象的な、歴史あるビルの一室。そこに無垢の木が組み合わされば、空間にやわらかな包容力がプラスされる。わたしたちの社屋にも取りれている要素、木と黒鉄。人生が変わるキッチンや家具を取り入れてみませんか。


our

WORKS

わたしたちの仕事

read more »»



城陽市を中心にリフォーム、新築、建替をさせていただいています。リフォームに関しては構造が見えないところをイメージしながら、どんな状態になっているかが外側からではわからないため、リフォームを主に施工する工務店でないと難しい部分もあります。リフォームや新築工事などこれまでにおこなった1例を掲載させて頂きます。


now on sale

REAL ESTATE

土地建物紹介

read more »»



LIXIL不動産ショップでもある当店。土地の仲介から設計、施工までワンストップで行うことが出来ます。もちろん自社物件以外にも様々な土地の仲介が可能です。土地をお探しの方も、お持ちの土地の活用、売却でお悩みの方は当店の宅地建物取引士に一度ご相談下さい。城陽市・宇治市・京田辺市の不動産は当店ウッドテックキムラで相談。


day

BLOG

日々のこと

read more »»



施工途中の工事や、スタッフの日々。ウッドテックキムラの日常を不定期でご案内。施工事例などの完成後写真ではない施工途中の木の骨組がむき出しの表情など、普段は見ることの出来ない場面などをお伝えします。その他は主にスタッフの休日の思い出などをつらつらと書き連ねています。どうぞ御覧ください。


&me

MUSIC

私と音楽

read more »»



広報蝦名のごく個人的な音楽紹介。ポップカルチャーは既にテレビの中にはない。ラジオにもない。インターネットの膨大な情報に埋もれてしまっている。それはもはや「ポピュラー」なのか?いやそうではない。最新のポップカルチャーはもはや「ポピュラー」ではないことがセオリーなのだ。

地図

[instagram-feed]