耐震|城陽市と国の補助金活用




地震に備えてできること


先の大阪地震では、これまで大きく揺れることのなかった京都までが大きく影響を及ぼし、建物壁面へのクラックや、瓦が落ちるなど、当社にもたくさんの問い合わせをいただきました。そこで皆さんに知って頂きたい、「耐震リフォーム」を考えるにあたって、市や国から補助金が出るという事。

1、長期優良住宅化リフォーム推進事業


H30年度 長期優良住宅化リフォーム推進事業|もらえる人:長期優良リフォームの発注者、長期優良リフォーム済み住宅の購入者(補助金受領者は業者さんですが、最終的には上記の家主に還元されることになっています。)|もらえる額(最大額):1住戸あたり最大250万円+50万円(※)三世代同居対応改修工事を実施する場合に50万円を上限に加算|主な要件:リフォームによって「劣化対策、耐震性能、省エネ性能、維持管理性能」など、長期使用のための性能について一定の要件を満たす。リフォーム前にインスペクションを実施する。 など

この補助金を受けるためにはどうすればいいの?

平成30年度 長期優良住宅化リフォーム推進事業 補助メニュー

申請のタイプ 補助事業の型 補助限度額
通年申請タイプ 評価基準型 最大100万円/戸
認定長期優良住宅型 最大200万円/戸
高度省エネルギー型 最大250万円/戸
事前採択タイプ 提案型 最大100・200万円/戸

補助対象となる費用および補助の上限額

この補助制度において補助対象となる費用は以下に示す
①長期優良住宅化リフォーム工事と
②インスペクション等にかかる費用
となります。

補助額はこれらの費用の1/3以内の額、なおかつ、上表の各補助の事業タイプごとに定められた補助限度額以下ということになります。
なお、
補助限度額は三世代同居対応改修工事を行う場合はその工事について50万円を上限に加算されます。
例えば、高度省エネルギー型の場合、三世代同居対応改修工事を行わなければ補助限度額は250万円ですが、三世代同居工事を行うときは、補助限度額は300万円になります。

2、平成30年度城陽市耐震改修等工事補助


平成30年度城陽市耐震改修等工事補助|もらえる人:次の項目すべてに該当する本市の区域にある木造住宅が対象(1)昭和56年(1981年)5月31日以前に着工され、現に完成していること(2)30戸/ha以上の住宅が建築されている区域に建築されていること(3)住宅以外の用途を兼ねる場合は、住宅の用途に供する部分の床面積が当該建築物の床面積の1/2以上であること(4)城陽市木造住宅耐震診断士派遣事業による耐震診断(別ウインドウで開く)または平成18年(2006年)3月31日以前に建築士による耐震診断を行っていること(5)過去に耐震改修又は耐震シェルター設置に係る補助を受けていないこと

この補助金を受けるためにはどうすればいいの?

対象は?

申し込みができる人 耐震改修等を行う住宅の所有者、居住者(賃借人その他権原に基づき当該住宅に居住する者)または居住予定者
対象となる工事 耐震診断の結果、評点(大地震時の倒壊可能性を示す指標)が1.0未満と診断された木造住宅に対して行う耐震改修設計および耐震改修工事で、評点を1.0以上に向上させるもの※当分の間、評点を0.7以上に向上させるもの(一階のみの工事も対象)
補助額 耐震改修工事等に要した費用の4/5(上限100万円)、ただし、過去に簡易耐震改修を実施した住宅である場合は、100万円から交付済の補助金額を引いた金額が上限※平成30年3月31日までに簡易耐震改修(制度改正前)を実施した住宅である場合は、耐震改修工事等に要した費用の3/4(90万円から交付済の補助金額を引いた金額が上限)
必要書類 1、事業計画書
2、収支予算書
3、城陽市木造住宅耐震診断士派遣事業耐震診断結果通知書の写し
4、耐震改修工事の改修計画書
5、耐震改修に要する見積書の写し
6、昭和56年(1981年)5月31日以前に着工したことが確認できる書面の写し
  建築士免許証の写し
7、その他、市長が必要と認める書類

利用上の注意


工事着手後や、工事施工者(工務店など)との契約後に申し込みをされた場合、補助金の交付は行うことができませんので、必ず契約前に城陽市役所都市政策課までご相談ください。

このように、耐震リフォームを考えられている方にとって大変有意義な国策、市策ではありますが、個人で理解するには大変難しいです。リビングの内装をリフォームするから補助金出るかな?と言っても、条件が合わなければ1円も補助金は出ないのです。補助金を利用して賢くリフォームできるお手伝いとして、セミナーを開催させて頂きますので、どうぞお気軽にご参加ください。

内 容 長期優良住宅化リフォーム推進事業の補助金についてのセミナー
ご予約 0774-52-1387
講 師 長谷川 昭 _ 設計デザイン
日 時 毎週(土)(日)⇒各10:00~11:00、13:00~14:00

1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ
https://woodtec-kimura.com

最近の投稿PC版

地図

[instagram-feed]