TOPへ移動


前にも紹介した大森靖子。未だに僕の聞く音楽の9割以上占めたままです。大森靖子以外に聞いている音楽というと、特定のバンドなんかはなくて、情報収集のために、YOUTUBEをさまよって色んな音楽をザッピングするような毎日。別段、歌詞に共感できるわけでも感銘を受けるわけでもないのですが、大森靖子以外を聞く必要性が見受けられない惰性で聞いてしまっているのかもしれません。(誰に対しても失礼な言い方になりますが)

アルバム1枚を何十回もリピートして聞きたい!というのとは違いますが、ここ最近胸を打つのは、『MOROHA』ですね。これはやばい!!!ギター一本とマイクだけでこの押し寄せるようなライムとリズム感。すごいパワー。後ほど、記事書きます。

閑話休題

大阪でのクソカワPARTYツアーも予定されていますね。

この度ニューアルバム”クソカワPARTY”の主催を務めさせていただきます、クソカワジョーカー大森靖子です。

ジョーカーは何にでもなれる無法者で口達者で、ほんとは真理と一番近いところにいて世界を動かせる。このクソカワ大宴会は最後の晩餐となることでしょう。

大人とか母親とか、ひどい言葉とか、何者の肩書きをなすりつけられても、私が私である自由が奪われるわけがなく、こどもがいちばんとかあなたがいちばんとか、ではなく別々に特別だからこそ感じることができる他人の尊さがあるわけで。などと説き伏せて通じる世の中ではないことに唖然とし続けてきたわけですが。自分を削るのが美徳だった時代などとうに終わっているのに、自分と同じ苦労を味合わせたい、世の中全体の人生の平均点を下げて自分がそれを超えることによってしか幸福を味わえないって不幸そのものじゃないですか?

ジョーカーには、法律もルールも通用しません。場の空気を掌握する才能を持っています。雰囲気で適当なことを言ったり、世界を終わらせるタイミングを図っているのかもしれないです。そうして何度も川が海へ拡がるように人が死へと溢れてゆき、消えたと思いきや私は再生される、それを何度も何度もくり返すイメージが、あなたにこのアルバムを再生して貰うたびに起こり、最期の曲で果てるのに、また再生すれば生まれることができる、そのたび私は最強になれると思います。どうかPLAYし、わたしを再生してください。最高で最悪な魔法が使えない私にしかできないPARTYをはじめよう何度でも。

誰にも言えない、誰にも自分の言葉が通じない、言葉にならない感情を私は言葉にできるのに、しているだけなのに、みんなもっているものなのに、触れてはいけないもののように扱われる。それすらもう慣れたので、あえてその人にわかる言葉で話す道化のように歌詞を書くことにしたのでした。

今私のなりたいもの、私が本当は一番触れられたい私、どうせ誰もここまで来れねーんだろと思っている最高位の孤独に君臨している恥ずかしい私そのままを歌ったアルバムです。ここまできてください、孤独を孤立させないで、そして私もあなたの孤独に会いにいきます、いつでも音楽で。

僕のiPhoneのリストには、大森靖子のアルバムしか入っていません。

1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ

最近の投稿PC版

施工事例


城陽市を中心にリフォーム、新築、建替をさせていただいています。リフォームに関しては構造が見えないところをイメージしながら、どんな状態になっているかが外側からではわからないため、リフォームを主に施工する工務店でないと難しい部分もあります。リフォームや新築工事などこれまでにおこなった1例を掲載させて頂きます。

read more »»



自社物件の紹介


LIXIL不動産ショップでもある当店。土地の仲介から設計、施工までワンストップで行うことが出来ます。もちろん自社物件以外にも様々な土地の仲介が可能です。土地をお探しの方も、お持ちの土地の活用、売却でお悩みの方は当店の宅地建物取引士に一度ご相談下さい。城陽市・宇治市・京田辺市の不動産は当店ウッドテックキムラで相談。

read more »»



スタッフのブログ


施工途中の工事や、スタッフの日々。ウッドテックキムラの日常を不定期でご案内。施工事例などの完成後写真ではない施工途中の木の骨組がむき出しの表情など、普段は見ることの出来ない場面などをお伝えします。その他は主にスタッフの休日の思い出などをつらつらと書き連ねています。どうぞ御覧ください。

read more »»



私と音楽


広報蝦名のごく個人的な音楽紹介。ポップカルチャーは既にテレビの中にはない。ラジオにもない。インターネットに埋もれた膨大な情報に埋もれてしまっている。それはもはや「ポピュラー」なのか?いやそうではない。最新のポップカルチャーはもはや「ポピュラー」ではないことがセオリーなのだ。

read more »»





地図

[instagram-feed]