TOPへ移動
富野M様邸
里ノ西S様邸
里ノ西S様邸
乾垣内S様邸


やくしまる えつこ|日本の女性歌手、作詞家、作曲家、音楽プロデューサー。ミュージシャンとして相対性理論、TUTU HELVETICA[1]、やくしまるえつことd.v.d、熱海のピンチョン、ひらくし°などのユニットで活動するほか、イラスト、朗読、ナレーション、CM音楽などの幅広い芸術活動を行っている。作詞・作曲を行う際の別名義はティカ・α。坂本龍一、鈴木慶一、近田春夫、高橋幸宏、砂原良徳、栗コーダーカルテット、大友良英、Giulietta Machine、ジム・オルーク、d.v.d、菅野よう子、sim、メルツバウ、ECD、ドラびでお、フィッシュマンズら数々のアーティストとの共作や共演を行い、ポップソングから、ジョン・ゾーンのコブラのような即興セッションへの参加まで、ボーダーレスな活動が特徴的である。

以前にも紹介した相対性理論のボーカル”やくしまるえつこ”。
”やくしまるえつこ”名義では度々アニメ主題歌に起用されている。

Etsuko Yakushimaru - 03 - Venus & Jesus (Radio Onsen Eutopia)
やくしまるえつこ「X次元へようこそ / 絶対ムッシュ制」より くしまるえつこ『X次元へようこそ』MV (Full ver.) 作詞:ティカ・α 作曲:ティカ・α 編曲:菅野よう子 http://www.amazon.co.jp/dp/B00H7KC4B4/ http://yakushimaruetsuko.com...
Etsuko Yakushimaru - 07 - Boys, Come Back to Me (Radio Onsen Eutopia)

2018年夏現在、最新の『放課後ディストラクション』は、押切蓮介の描く漫画『ハイスコアガール』を原作としたアニメ作品の主題歌として起用された。この『ハイスコアガール』は、これまでの押切蓮介作品とは一線を画した非常にもどかしくピュアなアーケードゲーム恋愛バトル漫画で、涙なしには見ることが出来ないくらい、胸を締め付け笑わせて、そしてスト2が流行していた頃、1990年代を懐かしく思う作品。今年の12月で連載終了の予定となっており、主人公ハルオと、大野、そして日高の恋愛がいかに完結するのか?寂しいながらも期待に胸が膨らみながら最新話を待ち続けるのです。

正行蝦名

わたしが執筆しました
広報 蝦名正行

1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ

最近の投稿PC版

recommend

KUROMUKU

暮らしを豊かに

read more »»



空間を引き締め、強さやグレード感を与える黒は、古くから建築のプロにも愛されてきた。たとえば黒い鉄のサッシが印象的な、歴史あるビルの一室。そこに無垢の木が組み合わされば、空間にやわらかな包容力がプラスされる。わたしたちの社屋にも取りれている要素、木と黒鉄。人生が変わるキッチンや家具を取り入れてみませんか。


our

WORKS

わたしたちの仕事

read more »»



城陽市を中心にリフォーム、新築、建替をさせていただいています。リフォームに関しては構造が見えないところをイメージしながら、どんな状態になっているかが外側からではわからないため、リフォームを主に施工する工務店でないと難しい部分もあります。リフォームや新築工事などこれまでにおこなった1例を掲載させて頂きます。


now on sale

REAL ESTATE

土地建物紹介

read more »»



LIXIL不動産ショップでもある当店。土地の仲介から設計、施工までワンストップで行うことが出来ます。もちろん自社物件以外にも様々な土地の仲介が可能です。土地をお探しの方も、お持ちの土地の活用、売却でお悩みの方は当店の宅地建物取引士に一度ご相談下さい。城陽市・宇治市・京田辺市の不動産は当店ウッドテックキムラで相談。


day

BLOG

日々のこと

read more »»



施工途中の工事や、スタッフの日々。ウッドテックキムラの日常を不定期でご案内。施工事例などの完成後写真ではない施工途中の木の骨組がむき出しの表情など、普段は見ることの出来ない場面などをお伝えします。その他は主にスタッフの休日の思い出などをつらつらと書き連ねています。どうぞ御覧ください。


&me

MUSIC

私と音楽

read more »»



広報蝦名のごく個人的な音楽紹介。ポップカルチャーは既にテレビの中にはない。ラジオにもない。インターネットの膨大な情報に埋もれてしまっている。それはもはや「ポピュラー」なのか?いやそうではない。最新のポップカルチャーはもはや「ポピュラー」ではないことがセオリーなのだ。

地図

[instagram-feed]