ASIAN KUNG-FU GENERATION|透明少女(cover)



ASIAN KUNG-FU GENERATIONによる、透明少女(NUMBER GIRL)のカバー

ASIAN KUNG-FU GENERATION|日本の4人組ロックバンド。略称「アジカン」「AKG」。所属事務所は、Spectrum Management。所属レコード会社はキューンミュージック。1996年4月、関東学院大学の軽音楽サークル内で結成された。入学時に後藤はとある音楽サークルから勧誘を受けるが、集合場所を間違えて別の音楽サークルの集合場所に行ってしまい、そこで喜多建介と出会う。当時そのサークルにはUKロックファンが喜多しかおらず、話をしているうちに盛り上がり「バンドを組もう!!」となり結成。後藤曰く、「喜多君に待ち伏せされて結成した。」と言う。当時、後藤は2部、つまり夜間学生であったので授業が始まるのが夜からであったのにもかかわらず、喜多が夜まで大学構内で待っており後ろから(犬笛のような高さの声で)「後藤君」と声をかけられたというエピソードがある。バンド名の由来は、後藤が好きだったTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTが、英単語を3つ使用している事から「3つ単語を使おう」と思い立ち、考えた末に「ASIAN KUNG-FU GENERATION」で決定。

大学当時の自分の音楽シーンの3~5割を占めたNUMBER GIRL。ASIAN KUNG-FU GENERATIONはCDも借りたこともないくらいあまり聞かなかったものの、2005年に連載が始まったソラニンが2010年に映画化されたものの劇中歌として使用されていたのが印象に残っています。『消してぇっっぇぇええええええ!!!りらいとしてぇえっええ!!!』と。宮崎あおい。

Versão legendada da música completa de Solanin do filme estrelado pela Aoi Miyazaki. Legenda feita por mim usando como base a letra da música escrita no Mang...

大学時代は、委員会には所属していたもののサークルには無所属新人でしたが、委員会での繋がりで軽音楽部やフォークソング部がごく身近に有りましたが、音楽での一体感はきっと楽しいんでしょうね。もちろん音楽ではなくても学園祭やグループ制作など団体で作り上げるものというのには一体感が感じられるのでしょうが、私はどうにも皆が居てくれたから出来た!なんて流れるように口をついたとしても、心から思ってることはなかったかもしれません。そう思うと、音楽をやったとしても、きっと孤独しか感じなかったかもしれませんね。

1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ
https://woodtec-kimura.com

最近の投稿PC版

地図

[instagram-feed]