TOPへ移動
富野M様邸
里ノ西S様邸
里ノ西S様邸
乾垣内S様邸

null

子供が生まれてから、水族館に行く機会が増えました。万博の隣、EXPOCITYに入っている【NIFREL】や、【京都水族館】。そして今回の【海遊館】。海遊館は規模が大きく娘もまだ小さいからと中々行けずにいたのですが、2018年末。満を持して行ってきました。

万博公園で会える。【生きているミュージアム 二フレル】

【公式】京都駅から徒歩15分!京都の下京区にある京都水族館の公式ページです。京都観光とご一緒にいかがでしょうか?イルカショーやペンギンはもちろん天然記念物のオオサンショウウオを展示しております。

海遊館では、大きなジンベエザメたちが悠々と泳ぐ巨大水槽や、自然を体感するエリアなどで、たくさんの感動に出会えます。ダイナミックな太平洋をめぐる旅へ出かけましょう!

null

やっぱり規模が違う!10年位前に一度だけ海遊館に来たことがありますが、配置とか結構変わっているんでしょうね。以前がどんな配置だったかも忘れてしまいましたが、世界最大級の水族館という言葉に偽りなし!ジンベイザメが大好きな我が家の娘も大喜びかと思いきや、予想を超えるデカさに尻込みしてシュンとしていました。

null

海の生き物がよく見えるよう全体的な照明が暗く、先の2件の水族館と比べ大人向けな感じ。2歳の子供にはちょっとだけ早かったかもしれませんね。それでもアシカや巨大水槽でしか見れないような大きな魚がゆうゆうと泳いでいたり、イワシが大きな群れをなして泳いでいたり、ここ海遊館でしか見れないような展示をみて娘の顔も輝いていました。

null

娘はマンボウの生態を説明した小さな展示スペースがお気に入りでなかなか出てこようとしませんでした。一旦海遊館を出てお昼ご飯を食べたあと、どうしようか?と妻と話していると「もういっかい」と娘がせがみ出したので2度目の入場。水族館の順路半分、道半ばにして「おなかペコペコ」と言い出し、2度目の入場差し置き、外にソフトクリームを食べに退場しました。海遊館の順路は800メートル以上あるので、外に出るだけでも一苦労でした。

null

いよいよ年末。今年やり残したことはございませんか?弊社では今年最後のリフォーム相談会を、12月22日、23日とLIXIL京都ショールームで行います。歳末の買い出しついでにお立ち寄りいただけるよう、駐車場2時間無料券もご用意!(LIXIL京都ショールーム駐車場or京都市御池駐車場に限ります)また同時開催で歳末価格のガス機器大売り出し開催。カタログだけではわからない使い勝手や質感を実際にみてみませんか?

正行蝦名

わたしが執筆しました
広報 蝦名正行

1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ

最近の投稿PC版

recommend

KUROMUKU

暮らしを豊かに

read more »»



空間を引き締め、強さやグレード感を与える黒は、古くから建築のプロにも愛されてきた。たとえば黒い鉄のサッシが印象的な、歴史あるビルの一室。そこに無垢の木が組み合わされば、空間にやわらかな包容力がプラスされる。わたしたちの社屋にも取りれている要素、木と黒鉄。人生が変わるキッチンや家具を取り入れてみませんか。


our

WORKS

わたしたちの仕事

read more »»



城陽市を中心にリフォーム、新築、建替をさせていただいています。リフォームに関しては構造が見えないところをイメージしながら、どんな状態になっているかが外側からではわからないため、リフォームを主に施工する工務店でないと難しい部分もあります。リフォームや新築工事などこれまでにおこなった1例を掲載させて頂きます。


now on sale

REAL ESTATE

土地建物紹介

read more »»



LIXIL不動産ショップでもある当店。土地の仲介から設計、施工までワンストップで行うことが出来ます。もちろん自社物件以外にも様々な土地の仲介が可能です。土地をお探しの方も、お持ちの土地の活用、売却でお悩みの方は当店の宅地建物取引士に一度ご相談下さい。城陽市・宇治市・京田辺市の不動産は当店ウッドテックキムラで相談。


day

BLOG

日々のこと

read more »»



施工途中の工事や、スタッフの日々。ウッドテックキムラの日常を不定期でご案内。施工事例などの完成後写真ではない施工途中の木の骨組がむき出しの表情など、普段は見ることの出来ない場面などをお伝えします。その他は主にスタッフの休日の思い出などをつらつらと書き連ねています。どうぞ御覧ください。


&me

MUSIC

私と音楽

read more »»



広報蝦名のごく個人的な音楽紹介。ポップカルチャーは既にテレビの中にはない。ラジオにもない。インターネットの膨大な情報に埋もれてしまっている。それはもはや「ポピュラー」なのか?いやそうではない。最新のポップカルチャーはもはや「ポピュラー」ではないことがセオリーなのだ。

地図

[instagram-feed]