TOPへ移動
富野M様邸
里ノ西S様邸
里ノ西S様邸
乾垣内S様邸

null

私の好きな漫画家、望月峯太郎氏のやさしい物語、「ちいさこべえ」。原作は山本周五郎先生の「ちいさこべ」を現代版にアレンジしたもの。

物語は大工の跡継ぎの茂次(ヒゲモジャ)が街の大火で両親を失い、街の復興と工務店の危機を、父親の病床に聞いた「どんなに時代が変わっても人に大切なものは、人情と意地だぜ」という言葉を胸に立ち上がっていく物語。

そこで語られるのは、大工の厳しさやハウスメーカーなどが台頭して移りゆく大工の仕事、、、ではなく主に大火で身の寄る辺のない子どもたちと、子どもたちを工務店「大留」につれてきた茂次の幼馴染「りつ」とのギクシャクとした関係ながらもそれぞれが信頼に向かっていくヒューマンドラマ。

火事で実家の工務店「大留」が焼け、両親をなくした若棟梁・茂次は、「どんなに時代が変わっても人に大切なものは、人情と意地だぜ」という父・留造の言葉を胸に大留再建を誓う。 そこに、身寄りのないお手伝いのりつ、行き場を失った福祉施設の子供達が転がり込んできて……ひげもじゃ若棟梁の崖っぷち人生劇場幕開き―― 山本周五郎の名作時代小説「ちいさこべ」を望月ワールド全開で新解釈する挑戦意欲作!

各巻涙なしには読めない。

どのキャラクターをとっても個性が強すぎ。両親の死後、大留を立ち直そうと奮起する茂次だが、言葉が足らずに周りに不信感が溜まっていく。それでもそのわだかまりがふとしたことをきっかけに一気に解けていくカタルシスは本当にすごい。

いたずらや乱暴、暴言に傲慢、極度の怖がりをもつ身寄りのない子どもたちが引き起こす様々な事件や、自分で連れてきたのにもかかわらず思春期の男の子に嫌悪感をもってしまう「りつ」の葛藤と、しかもそれが自分の過剰な意識によって誤解していたことに気づき「もう駄目だ・・・」と大留を飛び出してしまうシーン。

どこを切り取っても美しい風景と描写と柔らかな世界。そして「りつ」や同じく茂次の幼馴染で茂次が融資を受けている街の信金の支店長の娘「ゆうちゃん」を男の目線で見てしまう描き方。

ドラゴンヘッドは少し怖くて全部読めなかった、という方には是非読んでほしい作品。万祝や東京怪童、その他にも望月先生の作品は心動く作品多数です。この年末年始、漫画でも読んでみませんか?

正行蝦名

わたしが執筆しました
広報 蝦名正行

1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ

最近の投稿PC版

recommend

KUROMUKU

暮らしを豊かに

read more »»



空間を引き締め、強さやグレード感を与える黒は、古くから建築のプロにも愛されてきた。たとえば黒い鉄のサッシが印象的な、歴史あるビルの一室。そこに無垢の木が組み合わされば、空間にやわらかな包容力がプラスされる。わたしたちの社屋にも取りれている要素、木と黒鉄。人生が変わるキッチンや家具を取り入れてみませんか。


our

WORKS

わたしたちの仕事

read more »»



城陽市を中心にリフォーム、新築、建替をさせていただいています。リフォームに関しては構造が見えないところをイメージしながら、どんな状態になっているかが外側からではわからないため、リフォームを主に施工する工務店でないと難しい部分もあります。リフォームや新築工事などこれまでにおこなった1例を掲載させて頂きます。


now on sale

REAL ESTATE

土地建物紹介

read more »»



LIXIL不動産ショップでもある当店。土地の仲介から設計、施工までワンストップで行うことが出来ます。もちろん自社物件以外にも様々な土地の仲介が可能です。土地をお探しの方も、お持ちの土地の活用、売却でお悩みの方は当店の宅地建物取引士に一度ご相談下さい。城陽市・宇治市・京田辺市の不動産は当店ウッドテックキムラで相談。


day

BLOG

日々のこと

read more »»



施工途中の工事や、スタッフの日々。ウッドテックキムラの日常を不定期でご案内。施工事例などの完成後写真ではない施工途中の木の骨組がむき出しの表情など、普段は見ることの出来ない場面などをお伝えします。その他は主にスタッフの休日の思い出などをつらつらと書き連ねています。どうぞ御覧ください。


&me

MUSIC

私と音楽

read more »»



広報蝦名のごく個人的な音楽紹介。ポップカルチャーは既にテレビの中にはない。ラジオにもない。インターネットの膨大な情報に埋もれてしまっている。それはもはや「ポピュラー」なのか?いやそうではない。最新のポップカルチャーはもはや「ポピュラー」ではないことがセオリーなのだ。

地図

[instagram-feed]