TOPへ移動
富野M様邸
里ノ西S様邸
里ノ西S様邸
乾垣内S様邸

null

私はもともと青森から大学入学を機に京都へ来たのですが、当時は左京区の大学でしたので主に左京区、北区に住んでいました。生活スタイルが変わるのが新鮮でしょっちゅう引っ越しをしており、京都市内に住んだ15年間で7回は住まいを変えていたと思います。

面白かったのは、京都でも有名な本屋である恵文社一乗寺店の上のアパートや、下鴨にある高野川沿いのボロボロの木造長屋。上賀茂神社と賀茂川に挟まれた立地に立つビルなどなど、、、

持ち家と違って、身軽な生活でしたので、どれだけ身軽になれるか?出来る限り物を持たない生活を心がけていたと思います。では、今現在の生活はいかがなものか?というと、娘のおもちゃや服は増えていくものの、私自身の私物はやはり少なく、また奥さんもそれほどものを溜め込まない人なので、2階はほぼ布団しかおいていないすっからかんの状態です。

その分、メインの生活スペースである1階は娘の物で溢れていますが、これが何年かして娘が部屋を持つようになると、もう少し小洒落た生活が出来るようになるのでしょうね。



閑話休題



そう、今回の話題である琵琶湖博物館のある滋賀が好きになった理由を書こうと思い、京都での生活についてつらつら書き始めましたが、京都在住時はバイクで移動しており、いろいろなところにバイクを走らせてきましたが、多く出歩いていたのが滋賀方面。当時は滋賀のどこどこに行くという目的もなく、ただただバイクを走らせていましたが、奥さんや子供が出来てからは滋賀のピエリ守山、紅葉の西教寺、立木観音などなど、目的をもって出かけるようになり、次第に滋賀の魅力にハマっていきました。

まだまだ滋賀にも知らないところが多く、琵琶湖博物館も今回始めて訪れました。

null

建物や、建物を囲む林に琵琶湖、ロケーションも美しく春先や初夏、秋などには博物館の周りを歩くだけでもずいぶん楽しめそうです。今回は真冬でしたので琵琶湖から吹く風があまりに寒かった!

null

展示内容は琵琶湖の成り立ちや今現在の役割、生態系や琵琶湖から利用される水の流れや琵琶湖と共に暮す人々の営み。古代湖である琵琶湖と古代の生物の標本展示。同じような世界の古代湖について解説がなされていたりと、「琵琶湖」に焦点をあてた博物館ながらすごいボリュームをもった展示内容となっていました。

null

主に琵琶湖に住む生き物が多いものの、アザラシやチョウザメ、古代魚なども扱った水槽展示も予想していたより大規模な展示となっており、ちょっとした水族館としても楽しめます。

null

★★★★☆ · 博物館 / 美術館 · 下物町1091

もう少し暖かくなった頃、一度訪れてみてはいかがでしょうか?

正行蝦名

わたしが執筆しました
広報 蝦名正行

1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ

最近の投稿PC版

recommend

KUROMUKU

暮らしを豊かに

read more »»



空間を引き締め、強さやグレード感を与える黒は、古くから建築のプロにも愛されてきた。たとえば黒い鉄のサッシが印象的な、歴史あるビルの一室。そこに無垢の木が組み合わされば、空間にやわらかな包容力がプラスされる。わたしたちの社屋にも取りれている要素、木と黒鉄。人生が変わるキッチンや家具を取り入れてみませんか。


our

WORKS

わたしたちの仕事

read more »»



城陽市を中心にリフォーム、新築、建替をさせていただいています。リフォームに関しては構造が見えないところをイメージしながら、どんな状態になっているかが外側からではわからないため、リフォームを主に施工する工務店でないと難しい部分もあります。リフォームや新築工事などこれまでにおこなった1例を掲載させて頂きます。


now on sale

REAL ESTATE

土地建物紹介

read more »»



LIXIL不動産ショップでもある当店。土地の仲介から設計、施工までワンストップで行うことが出来ます。もちろん自社物件以外にも様々な土地の仲介が可能です。土地をお探しの方も、お持ちの土地の活用、売却でお悩みの方は当店の宅地建物取引士に一度ご相談下さい。城陽市・宇治市・京田辺市の不動産は当店ウッドテックキムラで相談。


day

BLOG

日々のこと

read more »»



施工途中の工事や、スタッフの日々。ウッドテックキムラの日常を不定期でご案内。施工事例などの完成後写真ではない施工途中の木の骨組がむき出しの表情など、普段は見ることの出来ない場面などをお伝えします。その他は主にスタッフの休日の思い出などをつらつらと書き連ねています。どうぞ御覧ください。


&me

MUSIC

私と音楽

read more »»



広報蝦名のごく個人的な音楽紹介。ポップカルチャーは既にテレビの中にはない。ラジオにもない。インターネットの膨大な情報に埋もれてしまっている。それはもはや「ポピュラー」なのか?いやそうではない。最新のポップカルチャーはもはや「ポピュラー」ではないことがセオリーなのだ。

地図

[instagram-feed]