問合せ
問合せ

instagram  line  facebook


私の好きな漫画家、望月峯太郎氏のやさしい物語、「ちいさこべえ」。原作は山本周五郎先生の「ちいさこべ」を現代版にアレンジしたもの。

物語は大工の跡継ぎの茂次(ヒゲモジャ)が街の大火で両親を失い、街の復興と工務店の危機を、父親の病床に聞いた「どんなに時代が変わっても人に大切なものは、人情と意地だぜ」という言葉を胸に立ち上がっていく物語。

そこで語られるのは、大工の厳しさやハウスメーカーなどが台頭して移りゆく大工の仕事、、、ではなく主に大火で身の寄る辺のない子どもたちと、子どもたちを工務店「大留」につれてきた茂次の幼馴染「りつ」とのギクシャクとした関係ながらもそれぞれが信頼に向かっていくヒューマンドラマ。

火事で実家の工務店「大留」が焼け、両親をなくした若棟梁・茂次は、「どんなに時代が変わっても人に大切なものは、人情と意地だぜ」という父・留造の言葉を胸に大留再建を誓う。 そこに、身寄りのないお手伝いのりつ、行き場を失った福祉施設の子供達が転がり込んできて……ひげもじゃ若棟梁の崖っぷち人生劇場幕開き―― 山本周五郎の名作時代小説「ちいさこべ」を望月ワールド全開で新解釈する挑戦意欲作!

各巻涙なしには読めない。

どのキャラクターをとっても個性が強すぎ。両親の死後、大留を立ち直そうと奮起する茂次だが、言葉が足らずに周りに不信感が溜まっていく。それでもそのわだかまりがふとしたことをきっかけに一気に解けていくカタルシスは本当にすごい。

いたずらや乱暴、暴言に傲慢、極度の怖がりをもつ身寄りのない子どもたちが引き起こす様々な事件や、自分で連れてきたのにもかかわらず思春期の男の子に嫌悪感をもってしまう「りつ」の葛藤と、しかもそれが自分の過剰な意識によって誤解していたことに気づき「もう駄目だ・・・」と大留を飛び出してしまうシーン。

どこを切り取っても美しい風景と描写と柔らかな世界。そして「りつ」や同じく茂次の幼馴染で茂次が融資を受けている街の信金の支店長の娘「ゆうちゃん」を男の目線で見てしまう描き方。

ドラゴンヘッドは少し怖くて全部読めなかった、という方には是非読んでほしい作品。万祝や東京怪童、その他にも望月先生の作品は心動く作品多数です。この年末年始、漫画でも読んでみませんか?
KASEDA.A.LDK
SHIMANOMIYA.M.HOUSE
SAGANAKA.E. KITCHEN
NANRYO.N.BATHROOM
IDE.T.LDK
KYOTO.H.LDK
HIRAKAWA.K.LDK
アライズKtype浴室改装
SAGANAKA.S.BATHROOM
JOYO.S.WALL
TERADA.T.LDK


our works




リフォームも注文住宅も、規格住宅でない限り2つと同じ家はありません。家の数だけ思いがあり、建て方がある。お客様の趣味嗜好も千差万別。施工事例をみても一貫性がなく思われるかもしれません。しかしながら、その住宅の一つ一つに私達ウッドテックキムラをはじめ、施工職人の腕が入り、少なからず共通したエッセンスが見つかると思います。施工事例をご覧になり、自分たちの家もここに頼もう、そう思っていただけるのが至上の喜びです。

一級建築士事務所ウッドテックキムラでは、i-worksなどの規格住宅はもちろん、新築や建替のお客様ひとりひとりの生活スタイルやお好みに合わせた注文住宅の建築も可能です。なにもない土地に家族のために設計された家を建たい方。今まで住んでいた家に愛着はあるけれど、老朽化し使い勝手の悪い部分も見えてきた。不便や不満を思い切って解消したいけどリノベーションと建替、どっちがいいの?と悩まれている方。デザインだけではなく、耐震性能や断熱性能など、家の機能にこだわりたい方も、どうぞお気軽にお問合せください。



i-works project|irei


速報