問合せ
問合せ

instagram  line  facebook


私はもともと青森から大学入学を機に京都へ来たのですが、当時は左京区の大学でしたので主に左京区、北区に住んでいました。生活スタイルが変わるのが新鮮でしょっちゅう引っ越しをしており、京都市内に住んだ15年間で7回は住まいを変えていたと思います。

面白かったのは、京都でも有名な本屋である恵文社一乗寺店の上のアパートや、下鴨にある高野川沿いのボロボロの木造長屋。上賀茂神社と賀茂川に挟まれた立地に立つビルなどなど、、、

持ち家と違って、身軽な生活でしたので、どれだけ身軽になれるか?出来る限り物を持たない生活を心がけていたと思います。では、今現在の生活はいかがなものか?というと、娘のおもちゃや服は増えていくものの、私自身の私物はやはり少なく、また奥さんもそれほどものを溜め込まない人なので、2階はほぼ布団しかおいていないすっからかんの状態です。

その分、メインの生活スペースである1階は娘の物で溢れていますが、これが何年かして娘が部屋を持つようになると、もう少し小洒落た生活が出来るようになるのでしょうね。



閑話休題



そう、今回の話題である琵琶湖博物館のある滋賀が好きになった理由を書こうと思い、京都での生活についてつらつら書き始めましたが、京都在住時はバイクで移動しており、いろいろなところにバイクを走らせてきましたが、多く出歩いていたのが滋賀方面。当時は滋賀のどこどこに行くという目的もなく、ただただバイクを走らせていましたが、奥さんや子供が出来てからは滋賀のピエリ守山、紅葉の西教寺、立木観音などなど、目的をもって出かけるようになり、次第に滋賀の魅力にハマっていきました。

まだまだ滋賀にも知らないところが多く、琵琶湖博物館も今回始めて訪れました。

null

建物や、建物を囲む林に琵琶湖、ロケーションも美しく春先や初夏、秋などには博物館の周りを歩くだけでもずいぶん楽しめそうです。今回は真冬でしたので琵琶湖から吹く風があまりに寒かった!

展示内容は琵琶湖の成り立ちや今現在の役割、生態系や琵琶湖から利用される水の流れや琵琶湖と共に暮す人々の営み。古代湖である琵琶湖と古代の生物の標本展示。同じような世界の古代湖について解説がなされていたりと、「琵琶湖」に焦点をあてた博物館ながらすごいボリュームをもった展示内容となっていました。

null

主に琵琶湖に住む生き物が多いものの、アザラシやチョウザメ、古代魚なども扱った水槽展示も予想していたより大規模な展示となっており、ちょっとした水族館としても楽しめます。

null

もう少し暖かくなった頃、一度訪れてみてはいかがでしょうか?
KASEDA.A.LDK
SHIMANOMIYA.M.HOUSE
SAGANAKA.E. KITCHEN
NANRYO.N.BATHROOM
IDE.T.LDK
KYOTO.H.LDK
HIRAKAWA.K.LDK
アライズKtype浴室改装
SAGANAKA.S.BATHROOM
JOYO.S.WALL
TERADA.T.LDK


our works




リフォームも注文住宅も、規格住宅でない限り2つと同じ家はありません。家の数だけ思いがあり、建て方がある。お客様の趣味嗜好も千差万別。施工事例をみても一貫性がなく思われるかもしれません。しかしながら、その住宅の一つ一つに私達ウッドテックキムラをはじめ、施工職人の腕が入り、少なからず共通したエッセンスが見つかると思います。施工事例をご覧になり、自分たちの家もここに頼もう、そう思っていただけるのが至上の喜びです。

一級建築士事務所ウッドテックキムラでは、i-worksなどの規格住宅はもちろん、新築や建替のお客様ひとりひとりの生活スタイルやお好みに合わせた注文住宅の建築も可能です。なにもない土地に家族のために設計された家を建たい方。今まで住んでいた家に愛着はあるけれど、老朽化し使い勝手の悪い部分も見えてきた。不便や不満を思い切って解消したいけどリノベーションと建替、どっちがいいの?と悩まれている方。デザインだけではなく、耐震性能や断熱性能など、家の機能にこだわりたい方も、どうぞお気軽にお問合せください。



i-works project|irei


速報