問合せ
問合せ
>>> 新着情報
全京都建築労働組合、京建労に加入している私達ですが、年に一度、京都府内全域の分会が住宅デーとして網戸張替えや包丁研ぎを格安で行うイベントがあります。ウッドテックキムラからは私を含めた3名が参加し、主に網戸張替えを行いました。朝は9時集合にてテントをはり会場を準備。10時の開始早々に網戸や包丁を持参される地域の方がいらっしゃいました。

網戸の張替えより、持ち運びの楽な包丁研ぎの持ち込みのほうが圧倒的に多かったですね。開催時間は10時~15時でしたが、ほとんど午前中に皆さん持ってきてくれました。大半は午前中のうちに作業を終わらせ、お昼ご飯。

null

久しぶりにもリュームのある「焼肉弁当」的なものを食べました。食べきることが出来るか心配でしたが、網戸張替えで体を使ったせいか、完食することが出来ました。昼過ぎにはもう殆どすることがなくなって、会場の荒見神社周辺の堀に住むザリガニを捕まえる小学生に混じり、私もザリガニを釣ってみようと思ったら、堀に落ちて靴を片方ぐちょぐちょにしてしまいました。

null

また会場では子供用に木工作品を作れるよう、資材も準備しておりましたが、皆、組み立て方がわからずに試行錯誤していました。滞りなく終了時間の3時を迎えると一旦解散し、18時からの打ち上げに向け皆家で着替えたり風呂に入ったり。。。私は3時間という微妙な空き時間に何をすべきか?疲れた足を放り出しながら、一旦高の原イオンに行こう。とりあえず家に帰らずとも高の原イオンには行こうと思いたち、近鉄富野荘駅から自宅最寄り駅の近鉄高の原行きの電車に乗込みました。

特段何をするわけでもありませんでしたが、本屋さんに立ち寄ったり、トイレを済ませたり、スターバックスでコーヒーフラペチーノを買ったり、すこしのんびりと散策し、再度富野荘駅へ向かいます。そして18時。私達を待っていたのは「蟹」でした。

null

null

null

地元の職人さんたちの話も聞けたりして、楽しく過ごすことが出来ました。
モデルルーム見学会
>>> 白をベースとしながら、黒鉄・無垢材・珪藻土、モールテックスと様々な異素材をバランス良く組み合わせ、特徴的な異国の家具でも調和が取れる内装デザイン。オープン階段や、仕切りのない玄関土間とリビングスペースなど、開放感と動線を意識したプランニング。1部、お施主様によるDIY部分を残しながら、ご家族の成長とともに家も育っていく家となりました。
i-works project|irei

i-works project


わたしたちウッドテックキムラは地元城陽に明治44年の土建業からスタートし100余年の歴史を持つ一級建築士事務所です。わたしたちは、建築家伊礼智氏の考えに共感し誰もが心地よいと思える家づくり。i-works projectに参加しています。手が届く価格で、ちいさくてもゆたかに暮らすことのできる住まいを提供していきます。


住宅の一般解


i-worksプロジェクトが目指す家づくりは特定の誰かのための「特殊解」でなく、「一般解」として、心地よく住まうことのできる家を、少しがんばれば手に入れることのできる価格で提供すること。そのために、これまで伊礼智が手がけてきた住宅をブラッシュアップしながら各部位を「標準化」し、面積の異なるプランに展開する計画となっています。
i-works project|irei

私達の思い


ウッドテックキムラは建築・設計・不動産の会社ではありますが、建築の役割とは、ただ建物を建てるだけでは ないように思います。その家には家族の想いや暮らし方・そして家族の想い出やそれぞれの人生、 そしてそんな素敵な家が集まったら楽しい街並みができ、地域だって変わるかもしれない。ウッドテックキムラはそんな住まい造りを提案し続けます。
施工事例ピックアップ
>>> わたしたちは、木のぬくもりの中で、健康・長生きできる快適な住まいと暮らしを提案し、この地域の人々の笑顔の輪が広がることに幸せを感じながら活動しています。明治44年からこの地(城陽市)で工務店として根付き、この地の皆様に支えられてきたからこそ、地域の和をより大きな笑顔の輪にしたいと考えています。