問合せ
問合せ

instagram  line  facebook



先日7月3日に棟上げを行ったS様邸新築の棟上げ風景。私自身目っとをかぶり足場に上り、沢山の写真も撮りましたが、朝イチ現場に駆け付け足場に上り機材セッティングをしていました。敷地や足場の単管の関係で理想とする箇所にカメラをセッティングは出来ませんでしたが、取り終わった動画を確認していると、なかなか悪くない角度で撮れていました。

撮影からライティングまで基本私一人で行っていて、カメラなどの機材も個人的なもので行っています。写りもよく、レンズF値も1.8~と明るく24mm広角から撮れ、デザインも大好きなNikonのコンデジP340をメインで使っていたのですが、ここにきて更なる高みを目指そうと、OLYMPUSのミラーレス機、EM-5mark2を購入しました。

カメラ本体よりも高い、12mm~40mm(35mm換算24mm~80mm)のProレンズも同時購入しましたが、物凄く重い。フルサイズ機に比べると格段に軽いとはいえ、このProレンズ。とにかく重い。ものすごく金属質で所有欲も満たすし写りもめっちゃいいけどとにかく重い!

とはいえ、同じ倍率レンズで軽いものを買ったとしても写りの良さから結局このレンズを使うと思うし・・・重さは我慢乃介ですね。建築写真や建物写真を撮るときには超広角レンズが必要とは思っていましたが、レンズって高いから・・・

すぐには新しいのは買えないんだなぁ・・・



と悩んでいましたが、先日とうとう購入しました。

LAOWA 7.5mm F2.0

めっちゃちっちゃい!軽い!なんだこりゃ!

というのが第一印象。だって、今まで使ってたProレンズ。鉄の塊みたいに重かったので、首や肩がものすごいことになっていたのですが、このLAOWAのレンズ、卵サイズレンズと言われるだけあって、本当に小さく軽い。ただ今までけっこういいレンズを使っていたので、解像度がちょっと低い?のが気になる。とはいえ、ブログなどのPC環境での施工事例としてはほんとうにきれいに見せることの出来るレベルだし、そもそも私の腕(設定の)問題で、もっとレンズ性能を引き出せるのかもしれない。勉強あるのみです。


our works




リフォームも注文住宅も、規格住宅でない限り2つと同じ家はありません。家の数だけ思いがあり、建て方がある。お客様の趣味嗜好も千差万別。施工事例をみても一貫性がなく思われるかもしれません。しかしながら、その住宅の一つ一つに私達ウッドテックキムラをはじめ、施工職人の腕が入り、少なからず共通したエッセンスが見つかると思います。施工事例をご覧になり、自分たちの家もここに頼もう、そう思っていただけるのが至上の喜びです。

一級建築士事務所ウッドテックキムラでは、i-worksなどの規格住宅はもちろん、新築や建替のお客様ひとりひとりの生活スタイルやお好みに合わせた注文住宅の建築も可能です。なにもない土地に家族のために設計された家を建たい方。今まで住んでいた家に愛着はあるけれど、老朽化し使い勝手の悪い部分も見えてきた。不便や不満を思い切って解消したいけどリノベーションと建替、どっちがいいの?と悩まれている方。デザインだけではなく、耐震性能や断熱性能など、家の機能にこだわりたい方も、どうぞお気軽にお問合せください。



i-works project|irei