問合せ
問合せ

instagram  line  facebook


薪に密度を感じる




null

朝晩が冷え込んでくると、初めてストーブに火を入れるタイミングに、そわそわしはじめます。薪の準備はすっかり終わって、焚付用に細かく割り裂いては、ストーブの煙の匂いに思いを馳せます。薪ストーブというからには、木である薪を燃やして暖を取るわけですが、木にもいろいろな種類があります。

私達は工務店ですので、端材として出る角材なども、たまに薪に使用したりします。建築材料として出る角材の多くは杉や松、桧などの針葉樹が用いられています。この針葉樹は、薪として使うときには、焚付からストーブ内が暖まるまでの前半戦を担当してくれます。火がつきやすく、燃え尽きるスピードも早いため、ストーブが十分に温まってからは、広葉樹の薪を使いはじめます。

この広葉樹は、針葉樹と比べて密度が相当高く、同じ大きさの薪を持ち比べてもその重量の違いに驚きます。密度が高いため、広葉樹のほうが硬く、造作材の細かなところに使うこともできます。薪置場に、明らかに年輪の狭く赤みのきれいな薪があったので、ちいさな造作つまみなど作れないかと、切り出してみました。

スライド丸鋸で薪から角材を切り出す・・・

大工さんは中々やらない作業ではないでしょうか。

そもそも、材料を普通は木材屋から買いますからね。
ただ、材料を、部品をイチから作り出す作業も面白いんです。

null

切り出した木材の上に、趣味で集めた木の実を添えて。

null

50mm×15mm×20mm程度の木片を10度ずつ角度をつけて切り出し、引出しやちょっとした扉のつまみや取っ手に使えるパーツを。かなり硬い材だったので、目盛のない線引用の小さな定規の切り出しもしました。密度が高く、磨くと本当にキメが細かくってすべすべに。

null

null

null

1本の薪からはそれほど多くのパーツを切り出すことができませんが、時間を見つけては材料を切り出しストックし、今後のリフォームに使っていこうと思います。



造作パーツが映える
リノベーション相談会




毎週土日、コロナ対策をしっかりとして、完全予約制でお受け付けしています。お家も古くなってきたのでこんな家にしたい!というリフォーム相談から、流行りのスマホにつながる家電システムの構築、耐震や断熱、省エネ性能などの性能向上リノベーションなど何でも相談可能です!

ご参加お待ちしています。
KASEDA.A.LDK
SHIMANOMIYA.M.HOUSE
SAGANAKA.E. KITCHEN
NANRYO.N.BATHROOM
IDE.T.LDK
KYOTO.H.LDK
HIRAKAWA.K.LDK
アライズKtype浴室改装
SAGANAKA.S.BATHROOM
JOYO.S.WALL
TERADA.T.LDK


our works




リフォームも注文住宅も、規格住宅でない限り2つと同じ家はありません。家の数だけ思いがあり、建て方がある。お客様の趣味嗜好も千差万別。施工事例をみても一貫性がなく思われるかもしれません。しかしながら、その住宅の一つ一つに私達ウッドテックキムラをはじめ、施工職人の腕が入り、少なからず共通したエッセンスが見つかると思います。施工事例をご覧になり、自分たちの家もここに頼もう、そう思っていただけるのが至上の喜びです。

一級建築士事務所ウッドテックキムラでは、i-worksなどの規格住宅はもちろん、新築や建替のお客様ひとりひとりの生活スタイルやお好みに合わせた注文住宅の建築も可能です。なにもない土地に家族のために設計された家を建たい方。今まで住んでいた家に愛着はあるけれど、老朽化し使い勝手の悪い部分も見えてきた。不便や不満を思い切って解消したいけどリノベーションと建替、どっちがいいの?と悩まれている方。デザインだけではなく、耐震性能や断熱性能など、家の機能にこだわりたい方も、どうぞお気軽にお問合せください。



i-works project|irei


速報