KUROMUKU|カベツケ



KUROMUKU|WOODONE

カベツケ|frëmuno[フレームノ]


ハシゴに板を渡せば棚になる、そんなシンプルな発想が鋳鉄と無垢板で洗練されたカタチとなった〈カベツケ〉。壁面に圧迫感なく後付けでき、好きな雑貨をディスプレイすれば居心地のいいカフェ空間のようなくつろぎが生まれる。

KUROMUKU|KITCHEN

スチールパイプ×無垢集成材のシンプルな構造。


ハシゴ状のフレーム金物を壁面に固定し、数枚の無垢集成材を渡して使う収納。フレーム金物は14mm角のスチールパイプ製で、すっきりとした印象を醸し出す。I型のフレームキッチンと組み合わせ、吊り戸のように使うこともできる。

フレームの固定位置は下地に合わせて調整可能。


フレーム金物は、下地のある壁面にビスで固定。下地の位置に合わせてスパンを調整できる。棚板も固定金具でフレームに留め付けるため、安定感のある使い心地。オープン棚ならではの、飾るように並べる収納が楽しめる。

1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ
https://woodtec-kimura.com

KUROMUKU|KITCHEN



KUROMUKU|WOODONE

ミニマムだからこその豊かさ。


ステンレスと無垢の木の質感をあらわに、フレームや棚板など最小限のパーツで構成される黒いフレームのキッチン。見せて並べるならと、調理道具にこだわってみたり。使い勝手や気分によって、収納物のレイアウトを変えてみたり。自分なりに使いこなす楽しみが生まれる。

KUROMUKU|KITCHEN

開放的でありながら調理に集中できるI型。


「これが私たちの暮らしです」と、あけっぴろげに語るような佇まい。I 型のキッチンは、少々の生活感が漂うくらいがサマになる。動線も一直線になるので、ムダがなくシンプル。壁に向かって落ち着いて調理しながら、背中で家族の気配を感じとれる。

KUROMUKU|KITCHEN

みんなが「食」を通じて交流を深めるP型。


ホームパーティ、なんて仰々しいものではなくて。家族も来客もお構いなしに、みんなで作ってみんなで食べる、そんなざっくばらんな集いが似合うP 型。大人数の食器もどっさり仕舞える収納力がある。何より、無垢の木の質感は誰の手にも心地よい。

KUROMUKU|KITCHEN

無機質な鉄と温かみのある木材の丁度良いバランスは、スタイリッシュな生活を想像させますね。このキッチンに似合うお部屋はどんなものだろう?床はキッチン天板よりは濃い目の幅広フローリング?クロスはグレーがかった少しトーンを抑えたシックな感じ?このキッチンにはどんな食器を入れようか?ワクワクした想像がやまないですね。KUROMUKU|KITCHENで考えるリフォームを弊社コーディネーターと一緒に考えてみませんか?

三木 友紀子
コーディネーター|04月20日生まれ|京都府京都市出身好きなもの・こと最近は料理・メッセージボードを書くこと最初のお打ち合わせから工事完了まで、尾畑とともにご提案などさせて頂きます。どんなことでもお気軽にお申し付けください。内装・素材、プロとしての提...

1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ
https://woodtec-kimura.com

KUROMUKU|WOODONE



KUROMUKU|WOODONE

黒の鉄×無垢の木、という感性|空間を引き締め、強さやグレード感を与える黒は、古くから建築のプロにも愛されてきた。たとえば黒い鉄のサッシが印象的な、歴史あるビルの一室。そこに無垢の木が組み合わされば、空間にやわらかな包容力がプラスされる。森林で育まれた無垢の木は、材として切り出されてもなお、自然環境と仲がいい。開口部から吹きわたる風や、コートヤードからの光がよく似合う。そこに居る人の多様な暮らし方も受け止めてくれる。新しいモノと古いモノの混在。ワークライフバランス。足りなければ足す、多すぎれば引く……。そうやって柔軟に、その時々の心地よさを生み出していける。そんな空間を夢見る人へ、「黒の鉄× 無垢の木」で形づくるキッチンと収納、ここに誕生。

KUROMUKU|WOODONE

ミニマムだからこその豊かさ。


ステンレスと無垢の木の質感をあらわに、フレームや棚板など最小限のパーツで構成さ れる黒いフレームのキッチン。見せて並べるならと、調理道具にこだわってみたり。使い 勝手や気分によって、収納物のレイアウトを変えてみたり。自分なりに使いこなす楽しみ が生まれる。調理に集中できるI型|開放的でありながら調理に集中できるI型。「これが私たちの暮らしです」と、あけっぴろげに語るような佇まい。I 型のキッチンは、少々の生活感が漂うくらいがサマになる。動線も一直線になるので、ムダがなくシンプル。壁に向かって落ち着いて調理しながら、背中で家族の気配を感じとれる。交流を深めるP型|みんなが「食」を通じて交流を深めるP型。ホームパーティ、なんて仰々しいものではなくて。家族も来客もお構いなしに、みんなで作ってみんなで食べる、そんなざっくばらんな集いが似合うP 型。大人数の食器もどっさり仕舞える収納力がある。何より、無垢の木の質感は誰の手にも心地よい。

KUROMUKU|WOODONE

各シーンで活躍するKUROMUKU。


キッチン収納やテレビボード、小物をディスプレイしたり書籍を並べたりできる本棚の形状をしたものなど、リビング、キッチン、寝室など、様々な場所にご利用いただけるKUROMUKUシリーズは、i-worksのデザインが好きな方におすすめ。新築でなくとも、こだわりのお部屋を実現させたい!リフォームやリノベーションにもご活用いただけます。インダストリアルデザインが好きな方、見せる収納で大好きな雑貨や食器に囲まれたい。そんな方にお勧めのシリーズ。

KUROMUKU|WOODONE

黒の鉄×無垢の木


無垢材と黒のアイアンってなんでこんなに相性がいいんでしょうか?柔らかさと硬さ、暖かさと冷たさが混在するこの組み合わせは今、人気になっています。無垢材と無垢鉄だと、鉄の冷たさが買ってしまう印象ですよね。黒の鉄、というのがグッと心引き寄せられる秘訣なのでしょうか?思えば私たち日本人は、白の漆喰と黒に近い板材を使用した蔵などにカッコよさを覚えます。このカラーと反対色の今回のWOODONEの組み合わせも、そういう理由で心惹かれるのかもしれません。

1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ
https://woodtec-kimura.com

SUPAGE|スパージュ




お風呂を愛する国の、バスルーム。LIXILのシステムバスルーム「スパージュ」。それは人生を豊かに潤すシステムバスルームです。ラグジュアリーな高級感を演出するハイグレード浴室「スパージュ」リクシルの最上級グレード浴室スパージュは、「湯を愉しむ、湯をまとう、湯をつつまれる」をコンセプトにした高級浴室です。1日の疲れをほぐす大切な浴室でのひとときを、上質な空間で過ごしてみてはいかがでしょうか。自宅での入浴とは思えないほどの充実の設備で、リラックスできること間違いなしです。スパージュで疲れを癒すリフォームをしませんか?

スパージュ

肌をなでるお湯、かつてない快感入浴を満喫させます。


首から肩に、やさしいお湯をまとうかのような、新感覚の肩湯。全身浴でも、半身浴でも心からリラックスできる、まったく新しい入浴スタイルが楽しめます。肌をなでるようなお湯の感触、お湯が織りなすベールのようなその優美な様を美しく演出する照明。身も心も解きほぐす格別の時を育みます。

アクアフィールの肩湯。


美容にも健康にもふさわしい入浴法です。肩湯は、頸を直接温めることにより、血流量が増します。肩こりは、血行が悪くなることから引き起こされるもの。お湯が筋肉の緊張をほぐし、発痛物質が血液により洗い流されるというメカニズムから見ても、肩湯は美容にも健康にもふさわしい入浴法と言えるかもしれません。

少ない湯量の肩湯入浴であっても、全身浴のように温まることができる半身浴は、全身浴に比べ、湯量が少なく腹部への水圧による負担が少ないために、呼吸がしやすく、長く入浴できます。一方全身浴は、肩までつかる心地よさが特長。その両方の良さを一度に味わえるのが、お湯を少なめに入れて楽しむアクアフィールの肩湯です。

スパージュ

たっぷりと全身で、湯を浴びる。


一流ホテルのバスルームで浴びる、たっぷりとしたオーバーヘッドシャワーの感触が、アクアタワーなら自宅で満喫することができます。バスルーム空間にあって、それ自身がひとつのデザインエレメントとなるアクアタワーで味わえる、ワンランク上のシャワー体験です。どの位置を向いても、全身を包み込んでくれるような、ボリューム感のあるお湯の広がりを実現。ちょっと贅沢なシャワータイムが楽しめます。

1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ
https://woodtec-kimura.com

SATIS|トイレよ、変われ。



SATIS STYLE BOOK 私の好きなサティス

トイレよ、変われ。


トイレは、もっと美しく快適であるべきだ。 研ぎ澄まされたデザインも、磨きぬいた性能も、 すべては、いままでのトイレという姿を変えていくために。 コンセプト. サティス ノーブルレーベル. 誰にも見せない私がいる。

SATIS STYLE BOOK 私の好きなサティス

いままでのトイレという概念を超える、心解き放つ空間へ


優美でやわらかなフォルムに、
これまでにない清潔・快適機能を満たすサティスGタイプ。
美しく、心地よく。そしてなによりニオイが気にならなくなれば、
トイレは暮らしの中で、いまとは異なった存在になる。

シンプルなデザインだからこそ、叶えられる空間へ


シンプルでコンパクトなフォルムをどこまでも追求した、サティスSタイプ。
そこにあるのは、デザインのノイズを排し、
トイレを空間そのものから変えていきたいという想い。
トイレという空間に、また新たな可能性を広げる。

SATIS STYLE BOOK 私の好きなサティス

かつてない洗浄力


4リットルの水で今まで以上の強力な洗浄力を実現したキーポイントは、従来2つだった吐水口を3つにしたこと。しかしただ数を増やしただけではなく、形状の試作などを繰り返し、3つの水流の水量や勢い、タイミングを完璧にコントロールすることに成功。かつてない洗浄力を実現しました。

「汚れが付かない便器」


永遠のテーマへの、チャレンジです。

日本人は清潔好きですが、やはり掃除の手間は面倒ですので、一回でも掃除の回数を減らしたいとか、掃除の時間を減らしたいという思いが強くあります。そうした思いに応えていくために、汚れが付かない便器を作るというのは、私たち便器の開発者にとって永遠のテーマです。今回、LIXILはアクアセラミックという汚れが付きにくい陶器の新素材を発明しましたが、そのアクアセラミックの効果を最大限発揮させるためにも、鉢内をすみずみまで洗う洗浄方式というのは、非常に重要な技術です。

洗浄方法の歩みを見ますと、水洗便器が登場した当時は、便器のフチの裏に細かな穴があり、そこから水が流れるというものでした。その後、洗浄力を高めるため、水平方向に水の渦を作り、汚物をその渦の勢いで流すという方向で洗浄の技術は進化していきました。しかし、ご存知のように、便器の鉢は卵型のような楕円形状をしております。このため水の渦は綺麗な正円形状を描けず、鉢内を回る度に水の勢いやエネルギーはどうしても落ちてしまいます。水のエネルギーを最大限活かしたまま、すみずみまで鉢内を洗浄する。そのために生まれたのが、今回のサティスのパワーストリーム洗浄です。

今回のパワーストリーム洗浄では、3つの水流の水量や勢い、タイミングが完璧にコントロールされ、それぞれ違った役割を持っています。一番奥の水流が鉢全体に洗浄の推進力を与え、真ん中の水流は汚物や紙をピンポイントで力強く流します。そして一番手前の水流が時間差で洗浄力の比較的弱い部分をフォローしています。3つの水流がチームプレーのように機能し、力強く、かつ、すみずみまで洗浄を実現しています。

さらに今回、水流を3つに分散させてひとつひとつの水流を細かにコントロールすることで、フチをお掃除のしやすい形状とすることができた点も、自信を持っておすすめできるポイントです。

SATIS STYLE BOOK 私の好きなサティス

実験を繰り返した、新開発の泡クッション


こだわったのは、泡の厚みや径。どんなサイズの泡がいちばん飛沫を抑えられるか、実験と評価を重ねました。その結果たどり着いたのが、泡の厚みは5~15mm 、泡の径は400nm(ナノメートル)以下という寸法。それを実現するため、水、洗剤、空気の混合比や混ぜる順番の試行錯誤を繰り返し、最適バランスを突き止めました。

泡で飛沫を抑えお掃除ラクラク

溜水面に張った泡が、男性立ち小用時の飛沫を軽減します。

トイレに泡がある理由
ある実験によれば、1日で2000~2500滴もの尿ハネが発生するといわれています。壁や床に飛び散った尿を放置すると、汚れるだけでなく菌の繁殖や悪臭の原因に。この尿ハネを防ぐためにLIXILが開発したのが「泡クッション」機能です。きめ細かな泡のクッションで尿を受け止め、便器外への尿の飛沫を約92%抑制。尿ハネを未然に防ぎ、日々のトイレのお手入れを手軽にします。

尿ハネはどうして起きる?

尿のようにひと繋がりになっている液体は、落下する過程で液体の粒に変化する性質があります。粒状になった尿が溜水面や便器の表面にぶつかると、細かな飛沫として周囲に跳ね返ります。これが尿ハネです。尿ハネによって便器や床に付着した尿を放置すると、菌が繁殖したり「尿石」に変化したりして、悪臭の原因になります。とはいえ、トイレは毎日使うもの。たった一日で大量に発生する尿ハネを、毎日丁寧に掃除するのは困難です。SATISの「泡クッション」は、こだわりぬいた泡の層が柔らかく受け止め、尿ハネを未然に防ぎます。

着水音を軽減

きめ細やかな泡のクッションが尿を受け止めることで、尿ハネを防止するだけでなく、着水音も軽減することができます。LIXILの調査では、泡なしでは59.2dBあった着水音が、泡ありのときには51.7dBまで軽減されました。着水音が軽減されることで、恥ずかしさを軽減することができるだけでなく、尿ハネの防止にもつながります。

SATIS STYLE BOOK 私の好きなサティス

鉢内除菌、ルームリフレで、さらにクリーン。


もちろんプラズマクラスター※も搭載。カバーが閉まっている時には鉢内にプラズマクラスターイオンが行きわたり、便器内の浮遊カビ菌や付着菌を除菌し、ニオイ原因菌も抑制。さらにルームリフレ機能を加え、設定時間に自動でカバーが開き、トイレ空間もしっかり消臭します。


気流を使ってニオイを封じ込める、世界初の技術。


トイレは今まで、大きく清掃性や節水性という2軸で進化してきました。しかし、実際の使用シーンでの快適性を見つめるとニオイというのは、とても大きなテーマであり続けるのだと思います。ニオイは、尿の付着や清掃に起因する便器そのものから出るニオイと、用を足すときのいわば行為時のにおいに大別されます。LIXILのトイレは、特にプラズマクラスターや高い清掃性・清潔性によって、もともと高度なニオイ対策をとってきました。実際、他のメーカーでも現在、脱臭機能というのは、ほとんどのトイレに備わっています。しかし、どうしても行為時のにおい、特に用を足す人の体調によっては、ニオイの問題は残ります。脱臭能力を上げるために吸い込む風量を強くすると風がおしりに当たる可能性があり、特に冬場など肌に寒風を感じてしまうなどのデメリットもあります。立ち上がった時に自動的にパワーを高める設定もされていますが、それでもニオイは感じてしまいます。その原因は、今までの脱臭が、吸い込むという方法によっていたからなのです。そこで、鉢の中ににおいを閉じ込める方法を模索して生み出されたのが、新技術「エアシールド脱臭」なのです。

吸い込みながら、クリーニングされた空気を送り込む「循環気流」。


メカニズムは、まずは鉢内の便座後方に設けられた送風口から右回りで空気を出します。便器のリムに沿って空気が鉢を一周し、送風口の左側に設けられた吸入口を通り、脱臭カートリッジでにおいを除去した空気を、再度送風口から出すことで鉢の外周に空気の渦(循環気流)を作ります。さらに送迎気流として中心部に向け外周の渦より弱い風を起こし、真ん中に滞留した空気を押し出し、外周の渦に一体化させる、いわばフタの役割を果たす2つの気流を鉢内に発生させます。これにより、エアカーテンのようにニオイを含んだ空気を鉢内に閉じ込めるばかりか、吸い込みながら、さらにクリーニングした空気を出して循環させるという画期的な技術が生まれました。
一般的な脱臭では、どうしてもニオイの発生元となる中央部と吸い込み口との間に距離があり、においが漏れてしまいます。だから、いくらパワーモードを使用しても根本的な解決とはならなかったのですね。エアシールド脱臭の発想の源は、水を旋回させて強力に洗浄する便器の洗浄水。ならば、ニオイを運ぶ空気も鉢の形状を生かして、空気を回すことで鉢の中に閉じ込めてしまおうというものでした。

ニオイが解消されることで、トイレはくつろぎの空間になる。


効果の検証にもこだわりました。ニオイにはどうしても慣れというものもあって、あまりかぎ続けると感じなくなってしまいます。そこで線香の煙を使って空気の流れを確かめたりもしました。この技術でかなえたかったことは、やはりトイレというものをもっとくつろぎの空間にしたいということでした。におわないトイレができれば、次は香りを楽しむという次のシーンも見えてくる。今バスルームが、体を洗う場所からくつろぎの空間と変貌してきたように、トイレも用を足すだけでなく自分らしく個室のようにくつろげるようになっていって欲しい、そのためには、いつ入ってもにおわないトイレを提供したいと思います。そしてなによりお父さんの後はちょっと、と娘に言われたくないですしね。

SATIS STYLE BOOK 私の好きなサティス

多機能を使いこなせるように。ユーザー視点で操作性を向上。


リモコン正面/側面
SATIS STYLE BOOK 私の好きなサティス

壁リモコンには使用頻度の高い項目のスイッチを大きくレイアウトし、操作性を向上。また使い方に応じて操作をガイドするナビゲーション画面を搭載し、サティスの高性能、多機能をどなたでも使いこなせるように細心の配慮を心がけました。

1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ
https://woodtec-kimura.com

RICHELLE PLaT concept 03



RICHELLE PLaT

LDKから解放された
ひとつながりの暮らし。
キッチンは書斎にもなり
Barにもなる。

RICHELLE PLaT

子どもの独立をきっかけに、
住まいのあり方をすっきりと見直したご夫婦の家を考えてみました。
例えば、リビング、ダイニング、キッチンの区切りを取りはらい、
使いやすい大きなワンルームをしつらえてみるのはどうでしょう。

RICHELLE PLaT

部屋のまん中に置いたのは、
キッチンとテーブルがひとつになった「キッチンテーブルLタイプ」。
ここでは「料理」と「くつろぎ」はひとつながり。
鍋でパスタを茹でている奥さまと、新聞を読んでいる旦那さまが
向かい合ってお酒を飲んだり、会話を楽しんだり。
パソコンを開けば、書斎にもなります。

RICHELLE PLaT

インテリアと調和し、どんな空間にもなじむことのできるキッチン。
造作や素材を、ひとつずつ丁寧に見直し
空気や水のような佇まいを手に入れました。

キッチンらしさがでるワークトップは、通常の約半分の厚みに。
水まわりは、リビングに置いても違和感がないよう、
余分なつなぎ目や段差をひとつひとつ丁寧に見直しました。
その他にも、シンプルで使いやすい水栓、均等で美しい扉割りなど、
どうぞ、遠くから、近くから、じっくりと見てみてください。

RICHELLE PLaT

  • RICHELLE PLaT concept 03
    LDKから解放された ひとつながりの暮らし。 キッチンは書斎にもなり Barにもなる。 子どもの独立をきっかけ […]
  • RICHELLE PLaT concept 02
    料理ができる瞬間も味わう。 つくる人、食べる人が 同じ時間を過ごせる キッチンリビング。 お客をもてなすことが […]
  • RICHELLE PLaT concept 01
    暮らしの機能を 壁面に集約し、ひろびろと。 家族の毎日は ひとつながりになりました。 共働きのご家族なら、「家 […]
  • RICHELLE PLAT
    キッチンは、調理という労働をする場ではありません。料理を楽しむ台所は、会話を楽しむBarでもあり、 本を開けば […]


1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ
https://woodtec-kimura.com

RICHELLE PLaT concept 02



RICHELLE PLaT

料理ができる瞬間も味わう。
つくる人、食べる人が
同じ時間を過ごせる
キッチンリビング。

RICHELLE PLaT

お客をもてなすことが好きな家庭には、広場のようなキッチンはいかがでしょう。
料理をしながら会話を楽しみ、時には客人も腕をふるう、
キッチンがリビングとして使われる空間です。

RICHELLE PLaT

そこでは、ゲストとホストの区別はありません。
ひろびろとしたキッチンと、テーブルがひとつになった
「キッチンテーブルIタイプ」なら、ジュージューと鳴る肉の音と香り、
手際よく食事ができあがる瞬間を、そこにいる全員で味わえます。
アウトドアで一つの火を中心に料理をこしらえているような、
新しい集いの楽しみ方が生まれるかもしれません。

RICHELLE PLaT

カウンターキャビネットと組み合わせれば、
さらに、作業スペースをたっぷりととることができます。
コーヒーを淹れたり、料理をお皿に盛りつけたり、レシピの本を広げたり。
あるとうれしい便利なスペースができ、大人数でも効率よく料理が楽しめます。

RICHELLE PLaT

  • RICHELLE PLaT concept 03
    LDKから解放された ひとつながりの暮らし。 キッチンは書斎にもなり Barにもなる。 子どもの独立をきっかけ […]
  • RICHELLE PLaT concept 02
    料理ができる瞬間も味わう。 つくる人、食べる人が 同じ時間を過ごせる キッチンリビング。 お客をもてなすことが […]
  • RICHELLE PLaT concept 01
    暮らしの機能を 壁面に集約し、ひろびろと。 家族の毎日は ひとつながりになりました。 共働きのご家族なら、「家 […]
  • RICHELLE PLAT
    キッチンは、調理という労働をする場ではありません。料理を楽しむ台所は、会話を楽しむBarでもあり、 本を開けば […]


1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ
https://woodtec-kimura.com

RICHELLE PLaT concept 01



RICHELLE PLaT

暮らしの機能を
壁面に集約し、ひろびろと。
家族の毎日は
ひとつながりになりました。

RICHELLE PLaT

共働きのご家族なら、「家事の時間」がすべて「親子の時間」になるLDKはいかがでしょう。
この部屋の一面を覆う白い壁は、キッチンでもあり、
リビング収納でもあり、食洗機や冷蔵庫でもあります。
暮らしの機能をひとつの壁に収めることで、デッドスペースや凹凸の少ない、
家族がのびのびとつながって暮らせる空間が生まれました。

RICHELLE PLaT

週末に食材をまとめ買いをする家族には、パントリーがおすすめです。
1年に数度しか使わない重箱や土鍋、使用頻度の低いジューサーやホットプレートなども、
ゆとりある収納がキッチンの中にあれば、おおらかな気持ちで持ちつづけることができます。

デッドスペースになりがちなキッチンのコーナー部には、
ウォークイン感覚のパントリーをしつらえました。
キッチンと隣り合わせの収納なら、家事動線もスムーズに。

RICHELLE PLaT

たとえば、ドーナツに伸ばした手の真下が食器洗い乾燥機です。
操作ボタンまですっきりと壁の中へ収まった食洗機が
ひっそりと暮らしを支えてくれます。

RICHELLE PLaT

  • RICHELLE PLaT concept 03
    LDKから解放された ひとつながりの暮らし。 キッチンは書斎にもなり Barにもなる。 子どもの独立をきっかけ […]
  • RICHELLE PLaT concept 02
    料理ができる瞬間も味わう。 つくる人、食べる人が 同じ時間を過ごせる キッチンリビング。 お客をもてなすことが […]
  • RICHELLE PLaT concept 01
    暮らしの機能を 壁面に集約し、ひろびろと。 家族の毎日は ひとつながりになりました。 共働きのご家族なら、「家 […]
  • RICHELLE PLAT
    キッチンは、調理という労働をする場ではありません。料理を楽しむ台所は、会話を楽しむBarでもあり、 本を開けば […]


1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ
https://woodtec-kimura.com

RICHELLE PLAT



RICHELLE PLaT

キッチンは、調理という労働をする場ではありません。料理を楽しむ台所は、会話を楽しむBarでもあり、 本を開けば書斎にだってなります。リシェルPLATはまるで家具のように美しい、暮らしの中心になるキッチン。空気や水のように自然で、どんな個性のインテリアにもなじむことができる新しい住まいのプラットフォームです。

家具のような素材とつくり

一台で何役もこなす、テーブル一体型のキッチンや、天然木を味わう、家具のようなキッチン。 Richelle PLATは、暮らしの真ん中におけるキッチンです。

洗練された機器設備

つなぎ目や段差をなくした、人造大理石のシンク。扉を閉じれば消えてしまう、食器洗い乾燥機。使い勝手はそのままに、デザインのノイズを取り払いました。

空間をつげるリビング収納

扉割りのきれいなキッチンキャビネット、キッチンとお揃いのAVラックやTVボード。素材を統一することで、自然な調和が生まれます。

  • RICHELLE PLaT concept 03
    LDKから解放された ひとつながりの暮らし。 キッチンは書斎にもなり Barにもなる。 子どもの独立をきっかけ […]
  • RICHELLE PLaT concept 02
    料理ができる瞬間も味わう。 つくる人、食べる人が 同じ時間を過ごせる キッチンリビング。 お客をもてなすことが […]
  • RICHELLE PLaT concept 01
    暮らしの機能を 壁面に集約し、ひろびろと。 家族の毎日は ひとつながりになりました。 共働きのご家族なら、「家 […]
  • RICHELLE PLAT
    キッチンは、調理という労働をする場ではありません。料理を楽しむ台所は、会話を楽しむBarでもあり、 本を開けば […]


1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ
https://woodtec-kimura.com

設備紹介|リシェント



設備紹介|エコカラット-2

ひとり一人の快適な毎日を育む。玄関ドアリフォーム。リフォームで、家族の笑顔の扉を開きましょう。

設備紹介|リシェント 1日でわが家の表情が美しく、
玄関のお悩みも解消!


「いってきます」から「ただいま」までの間に、リフォームできます。

設備紹介|リシェント エコでありながら、
冬は暖かく、夏は涼しく


優れた断熱性能で、夏涼しく、冬暖かく、冷房効果がアップするので、節約にもつながります。

設備紹介|リシェント ボタンを押すだけのタッチキー
車のキーみたいな便利さ


鍵を携帯しているだけで、施錠も開錠も1アクション。帰宅時も、外出時も、ボタンをタッチするだけ。オートロックの設定にもできるので、鍵の閉め忘れも安心です。

1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ
https://woodtec-kimura.com

最近の投稿PC版

株式会社ウッドテックキムラ
  • 賃貸物件のリノベ
    ウッドテックキムラから徒歩5分。築25年近くたつ軽量鉄骨のアパートの1室。
  • 林を切り拓いた小屋
    木津川にほど近く。母屋の隣の、林のように鬱蒼とした1角に小屋を新設されたいとのことでご依頼を頂きました。弊社の […]
  • 間取をこだわりぬいた家
    宇治市の住宅街。自分が、家族が使いやすいように動線や収納スペースをしっかりこだわって考え抜いた家が完成しました […]
  • いちじく畑の中の農小屋
    いちじく畑の中に、新たに農機具の保管と、作業中の休憩が出来る憩いの場としての小屋の建設をご依頼いただきました。 […]

施工事例のブログ一覧 »»



株式会社ウッドテックキムラ

不動産の紹介一覧 »»



株式会社ウッドテックキムラ

イベントのブログ一覧 »»



株式会社ウッドテックキムラ
  • 分譲マンションのリノベ
    宇治は三室戸にあるマンションのフルリノベーション。 こだわりの凝縮されたリノベーション。極限定的に行った内覧会 […]
  • 天ケ瀬ダム|宇治のおすすめスポット
    天ケ瀬ダム|京都府宇治市、一級河川・淀川本川中流部、通称宇治川と呼ばれる流域に建設されたダムである。 国土交通 […]
  • 万福寺|宇治のお茶とお菓子
    萬福寺(まんぷくじ)|黄檗山萬福寺は1661年に中国僧 隠元隆琦(いんげんりゅうき)禅師 によって開創されまし […]
  • 中村藤吉|宇治のお茶とお菓子
    中村藤吉|その歴史は初代中村藤吉の両親が出会った文政2年、1819年にさかのぼります。 初代中村藤吉の父、六兵 […]

スタッフのブログ一覧 »»



株式会社ウッドテックキムラ

私と音楽のブログ一覧 »»



株式会社ウッドテックキムラ
  • 木村 圭祐
    代表取締役社長|02月24日生まれ|京都府城陽市出身 好きなもの・こと 千葉ロッテの応援・アウトドア・物造り・ […]
  • 三木 友紀子
    コーディネーター|04月20日生まれ|京都府京都市出身 好きなもの・こと 最近は料理・メッセージボードを書くこ […]
  • 尾畑 康和
    営業|08月08日生まれ|三重県南牟婁郡御浜町出身 好きなもの・こと ゴルフ・お酒・旅行 主に最初のお打ち合わ […]
  • 蝦名 正行
    広報(HMC)|09月08日生まれ|青森県平内町出身 好きなもの・こと 肉(豚)、情報収集 ウッドテックキムラ […]

スタッフ一覧 »»


最新の投稿SP版

株式会社ウッドテックキムラ
  • 賃貸物件のリノベ
    ウッドテックキムラから徒歩5分。築25年近くたつ軽量鉄骨のアパートの1室。
  • 林を切り拓いた小屋
    木津川にほど近く。母屋の隣の、林のように鬱蒼とした1角に小屋を新設されたいとのことでご依頼を頂きました。弊社の […]
  • 間取をこだわりぬいた家
    宇治市の住宅街。自分が、家族が使いやすいように動線や収納スペースをしっかりこだわって考え抜いた家が完成しました […]
  • いちじく畑の中の農小屋
    いちじく畑の中に、新たに農機具の保管と、作業中の休憩が出来る憩いの場としての小屋の建設をご依頼いただきました。 […]

施工事例のブログ一覧 »»



株式会社ウッドテックキムラ

不動産の紹介一覧 »»



株式会社ウッドテックキムラ

イベントのブログ一覧 »»



株式会社ウッドテックキムラ
  • 分譲マンションのリノベ
    宇治は三室戸にあるマンションのフルリノベーション。 こだわりの凝縮されたリノベーション。極限定的に行った内覧会 […]
  • 天ケ瀬ダム|宇治のおすすめスポット
    天ケ瀬ダム|京都府宇治市、一級河川・淀川本川中流部、通称宇治川と呼ばれる流域に建設されたダムである。 国土交通 […]
  • 万福寺|宇治のお茶とお菓子
    萬福寺(まんぷくじ)|黄檗山萬福寺は1661年に中国僧 隠元隆琦(いんげんりゅうき)禅師 によって開創されまし […]
  • 中村藤吉|宇治のお茶とお菓子
    中村藤吉|その歴史は初代中村藤吉の両親が出会った文政2年、1819年にさかのぼります。 初代中村藤吉の父、六兵 […]

スタッフのブログ一覧 »»



株式会社ウッドテックキムラ

私と音楽のブログ一覧 »»



株式会社ウッドテックキムラ
  • 木村 圭祐
    代表取締役社長|02月24日生まれ|京都府城陽市出身 好きなもの・こと 千葉ロッテの応援・アウトドア・物造り・ […]
  • 三木 友紀子
    コーディネーター|04月20日生まれ|京都府京都市出身 好きなもの・こと 最近は料理・メッセージボードを書くこ […]
  • 尾畑 康和
    営業|08月08日生まれ|三重県南牟婁郡御浜町出身 好きなもの・こと ゴルフ・お酒・旅行 主に最初のお打ち合わ […]
  • 蝦名 正行
    広報(HMC)|09月08日生まれ|青森県平内町出身 好きなもの・こと 肉(豚)、情報収集 ウッドテックキムラ […]

スタッフ一覧 »»


BLOG i-works IKEA KUROMUKU menu RICHELLE-PLAT WOODONE おすすめ記事 お茶 お風呂 くる日 わたしたちの仕事 イベントのお知らせ ガレージ クリナップ システムキッチン スタッフ トイレ ドア リフォーム 不動産 住宅設備紹介 土地 城陽市K様農小屋 城陽市T様小屋 壁材 奏セミナー 宇治市Y様邸建替 宇治市YG様邸新築 完成見学会 建替 建材 新築 洗面化粧台 現場より 私と音楽 長期優良住宅化リフォーム推進事業 LIXIL

地図

[instagram-feed]