私と音楽|大森靖子




前にも紹介した大森靖子。未だに僕の聞く音楽の9割以上占めたままです。大森靖子以外に聞いている音楽というと、特定のバンドなんかはなくて、情報収集のために、YOUTUBEをさまよって色んな音楽をザッピングするような毎日。別段、歌詞に共感できるわけでも感銘を受けるわけでもないのですが、大森靖子以外を聞く必要性が見受けられない惰性で聞いてしまっているのかもしれません。(誰に対しても失礼な言い方になりますが)

アルバム1枚を何十回もリピートして聞きたい!というのとは違いますが、ここ最近胸を打つのは、『MOROHA』ですね。これはやばい!!!ギター一本とマイクだけでこの押し寄せるようなライムとリズム感。すごいパワー。後ほど、記事書きます。

閑話休題

大阪でのクソカワPARTYツアーも予定されていますね。

この度ニューアルバム”クソカワPARTY”の主催を務めさせていただきます、クソカワジョーカー大森靖子です。

ジョーカーは何にでもなれる無法者で口達者で、ほんとは真理と一番近いところにいて世界を動かせる。このクソカワ大宴会は最後の晩餐となることでしょう。

大人とか母親とか、ひどい言葉とか、何者の肩書きをなすりつけられても、私が私である自由が奪われるわけがなく、こどもがいちばんとかあなたがいちばんとか、ではなく別々に特別だからこそ感じることができる他人の尊さがあるわけで。などと説き伏せて通じる世の中ではないことに唖然とし続けてきたわけですが。自分を削るのが美徳だった時代などとうに終わっているのに、自分と同じ苦労を味合わせたい、世の中全体の人生の平均点を下げて自分がそれを超えることによってしか幸福を味わえないって不幸そのものじゃないですか?

ジョーカーには、法律もルールも通用しません。場の空気を掌握する才能を持っています。雰囲気で適当なことを言ったり、世界を終わらせるタイミングを図っているのかもしれないです。そうして何度も川が海へ拡がるように人が死へと溢れてゆき、消えたと思いきや私は再生される、それを何度も何度もくり返すイメージが、あなたにこのアルバムを再生して貰うたびに起こり、最期の曲で果てるのに、また再生すれば生まれることができる、そのたび私は最強になれると思います。どうかPLAYし、わたしを再生してください。最高で最悪な魔法が使えない私にしかできないPARTYをはじめよう何度でも。

誰にも言えない、誰にも自分の言葉が通じない、言葉にならない感情を私は言葉にできるのに、しているだけなのに、みんなもっているものなのに、触れてはいけないもののように扱われる。それすらもう慣れたので、あえてその人にわかる言葉で話す道化のように歌詞を書くことにしたのでした。

今私のなりたいもの、私が本当は一番触れられたい私、どうせ誰もここまで来れねーんだろと思っている最高位の孤独に君臨している恥ずかしい私そのままを歌ったアルバムです。ここまできてください、孤独を孤立させないで、そして私もあなたの孤独に会いにいきます、いつでも音楽で。

僕のiPhoneのリストには、大森靖子のアルバムしか入っていません。

1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ
https://woodtec-kimura.com

私と音楽|ニガミ17才




ニガミ17才|嘘つきバービーのボーカル、岩下優介が同バンド解散後に新バンド「ニガミ17才」結成。岩下優介(Vo&Gt) 現在は解散したバンド「嘘つきバービー」でベース兼ボーカルを務めていた。平沢あくび(Syn)。イザキタツル(Ba)。小銭喜剛(Dr) 解散したバンド「ミドリ」でドラムを務めていた。

嘘つきバービー|嘘つきバービーは日本のロックバンド。メンバーはベース、ボーカル担当の岩下優介、ギター・椅子担当の千布寿也、ドラムス担当の豊田茂の三名で構成されるスリーピース・バンドである。2002年に九州・佐世保で活動を開始し、2008年から活動の本拠を東京に移している。2013年解散。

以前も紹介したこの「ニガミ17才」。つい最近新MVが出ていたので、再度紹介したい。今回MVは、1:おいしい水、2:ただし、BGM、についで3作目となるが、嘘つきバービー解散後の、ニガミ17才を聴いてポップ感が増したと、初回の「おいしい水」で感じたが、「ただし、BGM」、そして今回の「化けるレコード」と聞くと、いやいやポップよりよりももっと尖った方向に邁進しているじゃないか!?と感じざるを得ない。その様子は、ナンバーガール解散後のザゼンボーイズのことを想起させる。

ニガミ17才のボーカル岩下優介の声質が、向井秀徳を彷彿とさせるのと、音楽性の鋭さもどうにもザゼンボーイズを思い起こさせる。それはどちらも独特の繰り返される諸行は無情にも似たリフレインにもあるのだと思うし、どちらも誰かに似てるなんて言われたくもないだろうから、私の中でそう感じた、という事だけにしておく。どちらもすごく好きな音楽性。

1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ
https://woodtec-kimura.com

私と音楽|BO GUMBOS(ボ・ガンボス)




どんと|久富 隆司(くどみ たかし、1962年8月5日 – 2000年1月28日)ボーカル・ギター:愛称はどんと(ロッド・スチュワートに顔が似ているためつけられた愛称)。岐阜県大垣市出身。京都大学工学部石油化学科中退。妻はZELDAの小嶋さちほ。長男の久富ラキタもミュージシャンとして活動しており、かつてはズットズレテルズのメンバーであった。2000年、ハワイ島ヒロ市内にて、脳内出血のため死去。享年37。|川上 恭生(かわかみ やすお、1957年12月23日 – )キーボード・ギター・ボーカル 愛称はDr.kyOn。熊本県出身、大阪育ち。京都大学卒業。|永井 利充(ながい としみつ、1961年10月23日 – )ベース・ボーカル 愛称はDr.TOSH?。東京都出身。|岡地 明(おかち あきら、1957年9月24日 – )ドラム|後に岡地 曙裕(おかち あきひろ)と改名。愛知県出身。吾妻光良 & The Swinging Boppersのドラマーとしても活躍中。|バンド名の由来|当初、どんとと永井は「プッシャーズ」や「フラワーズ」といった名前を考えていたが、Kyonが「今の自分のテーマはガンボ・ミュージックだ。GUMBOという名前を入れてほしい」と主張したため、まず「GUMBOS」となった。しかし何か物足りなく、「人名と同じように、バンド名にも姓と名があっていいんじゃないか?」と感じた時、スタジオ内でボ・ディドリーの曲が流れていたので、それを足して「BO GUMBOS」となった。

どんとのことを知ったのは2002年、青森から京都の大学に越してきてからだった。2000年、ハワイ島ヒロ市内にて、脳内出血のため死去。享年37。すでに、この世を去った後だった。一番上に紹介したトンネル抜けて、波、ひなたぼっこに魚ごっこ。どんとが死んでしまった後に出会った歌も、ふとした拍子に頭に流れることがある。2002年に知るまで、どんとがどのような人なのか一切知らなかったが、当時よく放映を見ていた「平成教育委員会」にもレギュラー出演しているなど、意外と身近なところにいたんだな、と、後々調べて知った。

私は音源で基本は満足する人間なので、あまりライブを見に行きたい!などと思ったりすることはないのだけれど、この、ボガンボス(どんと)は一度、直に見てみたい、と思ったバンドの1つだ。結局それが叶うことははじめからなかったのだが。現在ではYOUTUBEなどのネット動画サービスで様々な古い音源や映像を目にすることができる。中でも面白いなと思ったのが、泉谷しげるとどんとが、「忌野清志郎 |雨あがりの夜空に」をカバーして唄っている動画だ。


もう、忌野清志郎もどんともいなくなってしまっているけど、失われない音楽は絶対にあるものだと思っています。それは世界的に有名なクラシックかもしれないし、娘が替え歌で口ずさんだ名もない歌かもしれません。

1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ
https://woodtec-kimura.com

私と音楽|交響詩篇エウレカセブン




交響詩篇エウレカセブン|ボンズ制作のSFロボットアニメであり、バンダイとボンズが中心となって発足したメディアミックスプロジェクト「Project EUREKA」の中核を担う作品の1つ。PlayStation2用のゲームソフト『エウレカセブン TR:1 NEW WAVE』をはじめとするプロジェクトの作品群と同じ世界が物語の舞台となる。プロジェクトの作品群の中でも最も新しい時間軸の物語で、物語の世界を統治する塔州連邦軍と対立する反政府組織「ゲッコーステイト」を中心にストーリーが進行する。主人公の少年レントンがゲッコーステイトのメンバーであるヒロインの少女エウレカと出会って恋に落ち、ゲッコーステイトのメンバーとして徐々に成長するボーイ・ミーツ・ガールの物語[1]であると同時に、プロジェクトの作品群の世界において重要な役割を担う存在「スカブ・コーラル」の正体に焦点が当てられる。

2009年には設定を大きく変更した本作のパラレルワールドでの物語を描く、劇場版『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』が公開された。2012年には本作品の続編『エウレカセブンAO』がTV放映。2017年からは新劇場版三部作『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』が順次公開予定(#劇場版を参照)。

2005年、TBS系列の日曜7時00分~という攻めた時間帯での放映。今ではこのレベルのアニメ作品は深夜枠にいてしかるべき内容。大枠としてSFロボットアニメとなっているが、「SF」「ロボット」「ボーイミーツガール」の3大主要テーマだけであれば、日曜朝の時間帯でもよかっただろう。しかし、初代ガンダムを彷彿とさせる戦争、死、民族宗教差別、などもこの作品の主要なテーマとして取り上げられている。

よって、子供向けアニメというよりは、少なくともR15指定が必要ではないかと思われる描写も多分に含んでいる。2005年当時、私は大学生として建築やアングラに興味をもっていろいろなことを調べたり見聞きしていたが、そういった多感なモラトリアム時期にこのアニメ作品「交響詩篇エウレカセブン」に出会ったのは不幸というべきか幸いというべきかわからない。

主人公たちの乗るロボットの名称に往年のドラムマシン「TR-606」などのシリーズ名を関したものが使用されていたり、空を滑空するためのボードのそれはサーフボードの形状を模したものである。また、反政府組織の連絡手段として短波が使用されていたりするなど、ストリート・アングラな面もここから香ってくる。

もう一つ特徴あるポイントとしては建築系の名称や、オマージュを使用していることだろう。劇中中盤に登場し、家出中の主人公を暖かく保護してくれたのは、事故により子供の出来ない体となった、チャールズ&レイ・ビームス夫妻。そう、イームズ夫妻のオマージュである。また、ビームス夫妻のセリフに「ロイドライト」という人物名が出てきますが、こちらも建築家のフランク・ロイド・ライトのことでしょう。また、劇中で主人公レントンが悪夢の中でさまよう立派な家も、フランク・ロイド・ライト作の落水荘であることは一目瞭然です。

最後の主要ポイントは宗教・民族戦争。
この辺りは語りにくい部分なのと、大きなネタバレになるので割愛。

エウレカセブンは、ただアニメをそのままとらえるのではなく、背景のオマージュされたものたちの知識があればこそより楽しめる作品となっているのです。そういった部分がこれまで私が触れたアニメ作品とは大いに違って毎回、夜勤のコンビニバイト終わりにチャリを走らせて、7:20のエンディング間際ばかりを見ていました。

ではなぜ、このアニメ作品が「私と音楽」のテーマで語りたいかというと、劇中で使用されている音楽も私の好みにドはまりするものばかりだったのです。オープニングエンディング曲こそ、その当時のバンドやアーティストが務めていましたが、作中で使われる挿入歌には、97の世代と呼ばれた「SUPERCAR|STORYWRITER」だったり、「電気グルーヴ|虹」が使われていたりします。オリジナルとしてもテクノ音楽を多用し、中でもチャールズ&レイ・ビームス夫妻のテーマ曲「GET IT BY YOUR HANDS」(本記事に埋め込みのYOUTUBE)は秀逸!

2005年のアニメ放映以降、2009年にはリメイクされた劇場版(全く設定が違う)や、2012年にはオリジナル作品の正式後継作品のアニメが作成。そして2017年から3部作で、再設定しなおしたエウレカセブン劇場版がつくられるなど、10年以上たった今でも受け継がれている伝説的な作品です。



正直、本当に正直なところオリジナルが汚されていくようで、テープが擦り切れるまで使い倒してやろう的な後継作品はもう勘弁してほしい、と個人的には思っています。2009年のポケットが虹でいっぱいも、見てて正直辛かった・・・オリジナルが放映されていたのはまだ地上波アナログ放送の時代だったため4:3の画像なので、今の16:9にリサイズしてくれるだけでもすごく嬉しい!

この作品をリアルタイムで見れていたことは本当に素晴らしい経験でした。

1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ
https://woodtec-kimura.com

私と音楽|神聖かまってちゃん




神聖かまってちゃん|2008年結成。YouTubeやニコニコ動画への自作PVの投稿、ニコニコ生放送やTwitCastingでの定期的な配信をしながら活動している。ネット上の活動から有名になり、メジャーレーベルへの移籍、テレビ出演など活動の幅を広げた。略称は『かまってちゃん』、『SKC』などがよく用いられる。

33才の夏休み。22才の夏休みから始まった「夏休みシリーズ」の最新。
22才の夏休み→23歳の夏休み→26才の夏休みを経て今回の33才の夏休み。

もう10年の歳月が流れていることにびっくりする。

よく聞いていた23才の夏休みのフレーズの中に、「そして33才さ」というものがあるが、それが現実になった現在の状況を表現したロックチューン。

音源とともに流れる動画の内容は、少女が、拾ったMDプレイヤーを聴いて神聖かまってちゃんの楽曲と出会うというもの。同じく申請かまってちゃんの代表的な歌の中で、「ロックンロールは鳴りやまない」というものがあるが、その歌詞の中で、「MD取っても、イヤホン取ってもなんでだ全然鳴り止まねぇっ」と、ビートルズやセックスピストルズを聴いて音楽に目覚めた過去とのリンクがなされている。また、動画内での少女がいじめを受けている情景は、ボーカル「の子」自身との過去につなげているのか。

神聖かまってちゃんが注目されはじめた当時も、はじめて動画を見た人たちは、何だこりゃと思う人とすげえ!と思う人と9:1くらいの割合で、よくわかんないって思う人たちが大多数だったと思うが、10年経った今でもその比率は変わるばかりか外界との溝を深めていく一方だろう。それくらいPOPには染まらないのだ。

一方で、川本真琴をボーカルに迎え、MVにはモーニング娘。のOG新垣里沙とのコラボレーションで話題となった「フロントメモリー」は、神聖かまってちゃんの楽曲の中ではPOPな部類に入るのではないだろうか、川本真琴と言えば、私が中学生の頃に突如として現れた天才であり、スッと現れスッと消えた。タイガーフェイクファー名義で音楽活動を続けていたのは知っていたが、TVなどのメディアに露出することはほとんどなくなっていた川本真琴の声が、多くの人に届けられるというのはすごく嬉しく思ったものだ。

そして今年の2018年5月25日。
映画「恋は雨上がりのように」の主題歌として起用

冴えないファミレス店長に片思いした女子高生の恋の行方を描き、テレビアニメ化もされた眉月じゅん原作の同名コミックを、「渇き。」の小松菜奈と「アイアムアヒーロー」の大泉洋共演で実写映画化。怪我で陸上の夢を絶たれた高校2年生の橘あきらは、偶然入ったファミレスの店長・近藤正己の優しさに触れたことをきっかけに、その店でアルバイトをはじめる。45歳の近藤はあきらより28歳も年上で子持ちのバツイチだったが、あきらは密かに近藤への恋心を募らせていく。ついに思いを抑えきれなくなったあきらは告白するが、近藤は彼女の真っ直ぐな気持ちを受け止めることができず……。「帝一の國」「世界から猫が消えたなら」の永井聡が監督を務める。

私の特技として、映画の短い宣伝動画だけで泣ける、というものがあるが、この「恋は雨上がりのように」はキャストの人選や、カメラワークも秀逸で、思い出しただけでも泣けてしまいます。まだ公開はされているのでぜひ見に行きたい映画ではありますが、こどもがまだ小さいので映画館はアンパンマンやしまじろうなどの騒げる系以外は出禁です。DVD化されるのを心待ちにしています。


1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ
https://woodtec-kimura.com

私と音楽|銀杏BOYZ




銀杏BOYZ|2003年1月、GOING STEADY解散後、峯田和伸が新たに結成した。当初は峯田のソロ名義で、エレファントカシマシの企画盤『花男』にボーカルのみで参加など活動していたが、元GOING STEADYのベースの安孫子真哉とドラムの村井守を誘い、チン中村をギターに迎え4人編成で活動を開始。

GOING STEADY|GOING STEADY(ゴーイング・ステディ)は、インディーズで活動していた日本の4人組パンク・ロックバンドである。略称はゴイステ。2003年に解散した。レーベルは当初UKプロジェクト傘下のLibra records、2002年12月からはUKプロジェクト傘下に設立した自身のレーベル「初恋妄℃学園」(はつこいモードがくえん)に所属した[1]。

GOING STEADYは私の高校3年生時分に名盤「さくらの唄」を発表し、ガガガSPやモンゴル800など、その当時の多感な学生に多大な影響を与えたバンドのひとつ。かくいう私も生徒会長をしていた高校当時の学園祭ではGOING STEADYの「銀河鉄道の夜」をテーマソングに選ぶなど強い影響を受けていました。それから10数年後の未来にはGOING STEADYが大好きな現在の妻とも出逢い結婚に至ります。結婚式は両家両親兄弟くらいの小さな式だったので、音楽も何も凝らずひっそりと行いましたが。。。

97の世代と言われたNUMBERGIRLにSUPERCARやくるり。それと同じくらいに私に影響を与えたバンドのひとつ。「僕は何かやらかしてみたい、そんなひとときを青春時代と呼ぶのだろう」というフレーズを聴くたびに、”僕”にもまだやらなければいけない夢があったんじゃないか?なんて夢想したりもします。

1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ
https://woodtec-kimura.com

私と音楽|泉まくら




泉まくら|福岡県在住。 2012年 術ノ穴へ所属し同年発表されたデビュー音源「卒業と、それまでのうとうと」が各メディアで話題となり、くるり主催「WHOLE LOVE KYOTO」出演やパスピエとのコラボ音源『最終電車』リリースなど大きな注目を集める。 2013年10月には待望の1stアルバム「マイルーム・マイステージ」が各媒体でBEST DISCに選ばれる。 2014年公開TVアニメ『スペース☆ダンディ』では菅野よう子とのコラボ楽曲を提供。

ここ最近は女性ラッパーの音楽を聴く機会が多い。ラッパーといっても、純粋なリリックで対決していくようなガチガチのラップではなく、相対性理論のようなウィスパー系の言葉を紡ぐよな人の歌ばかりを聞いている。以前にも紹介した、DAOKOもそうだが、今回紹介の泉まくらや、ラブリーサマーちゃんなど音楽の多様性が広がる現在では、このような新しいような懐かしいような音楽に出会うことも多くなった。なによりも、PCや音楽制作機材・ソフトなどが手に入りやすい価格になったことで音楽制作の敷居が下がったこと、そしてなにより音源を自らYOUTUBEなどのSNSで発信する手段が増えたことはすごいことだと思う。

この、泉まくらをよく聞くようになったのはどの音源からだったろうか。フィッシュマンズのいかれたBabyは、たくさんのアーティストがカバーしているが、泉まくらバージョンを聞き、また別の曲、次の曲と行き着いていったのではなかっただろうか。特に上に動画を貼っている「パルコでもロイホでもラブホでもいいよ」は、低めの絞り出すような声から導入し、繰り返すリリックが浮遊感を生み出す。MV中での演出もそして歌詞もストーリー性は存在するのに「平熱」感のあるその声が、寂しさ、とは少し違う(諦め?落胆?をもっとポップにした)感情を呼び起こすようだ。そんな世界観に惹かれていった。

これまで、ストリートなどで暑い中寒い中、雨の日風の日に声を枯らして唄っていた日も今は昔。制作も発表もインドアで出来る時代。セールスもスカウトもインドアで出来る時代になった。

そんな中私は今日も炎天下にチラシをポスティングに行くのだ。

1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ
https://woodtec-kimura.com

私と音楽|ZAZEN BOYS




ZAZEN BOYS|ナンバーガール解散後、向井秀徳が自らの求める音楽を実行するために、ナンバーガール時代からの盟友であるドラム、アヒト・イナザワと共に結成。まずこの二人にSEXY JOEなる謎のボーカリスト(その正体はくるりの岸田繁)を迎えた構成で、ローリング・ストーンズのトリビュート盤『IT’S ONLY ROCK’N ROLL (BUT WE LIKE IT LOVE)』に楽曲を提供。その後サポートメンバーとして、ベースに日向秀和(当時ART-SCHOOL、のちにストレイテナー加入)、ギターに吉兼聡(ルミナスオレンジサポートメンバー/元KICK’N THE LIONメンバー)を迎え本格的な活動を開始する。SEXY JOEの一時的な参加にみられるように、当初は向井とイナザワ以外のメンバーは流動的に変わる予定だったが、日向、吉兼とのセッションを経て『何か』を感じた向井はこのメンバーを固定とした。(後述)向井はZAZEN BOYSの事を「法被を着たレッド・ツェッペリン」と例えている。ただし、これはレッド・ツェッペリンの音楽スタイルの模倣という意味ではなく、ツェッペリンの如く、それぞれの個性の集合体であるというバンドの概念を言い表すために用いた言葉である。

ナンバーガール|1995年、バンドを結成するまで宅録を行っていた向井秀徳がバンドを組もうと決意し、当時ライブハウスで照明のアルバイトをしていた中尾憲太郎を誘う。その中尾がライブを観て是非組もうと思っていたのが田渕ひさ子であり、そのまま田渕も呼ばれることになる。その後、昔からアヒト・イナザワのドラムスタイルに惚れ込んでいた向井が、アヒトが参加していたバンドを脱退したことを聞き彼をさそい、メンバーが揃う。結成当初から地元福岡でチェルシーQなどのイベントを中心に精力的に活動しつつ、1996年『Atari Shock』や1997年『omoide in my head』など、自主制作カセットテープを作成及び販売する。1997年11月、羽生和仁主宰の福岡のレーベル、automatic kissから1stアルバム『SCHOOL GIRL BYE BYE』をリリース。SUPERCARやくるりなどと共に「’97の世代」と呼ばれた。

私が高校時代の終わりも終わりに当時交際していた人が『ナンバーガールのライブに行く』と言っていたのを覚えている。実際に私がナンバーガールやSUPERCARをはじめ、多くの音楽を聴き始めたのは大学に入ってからだったので、その人と離れてしまった後になって「あの子は色んな音楽を教えてくれていたんだな」と落ち込んだ思い出もあります。余談ですが。
ナンバーガールは大学時代に最も長い時間聞き続けたバンドの1つでもあります。尖った音楽性にボーカル向井秀徳の独特な声と歌詞作り。eastern youthのように絞り上げるように叫ぶように歌う様子。大学当時の若い自分にとっては、すごくカッコよくてずっとアルバムリピートさせていました。

向井秀徳 インスタントラーメンを語る – YouTube←こちらも面白い

1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ
https://woodtec-kimura.com

私と音楽|ニガミ17才




ニガミ17才|嘘つきバービーのボーカル、岩下優介が同バンド解散後に新バンド「ニガミ17才」結成。岩下優介(Vo&Gt) 現在は解散したバンド「嘘つきバービー」でベース兼ボーカルを務めていた。平沢あくび(Syn)。イザキタツル(Ba)。小銭喜剛(Dr) 解散したバンド「ミドリ」でドラムを務めていた。

嘘つきバービー|嘘つきバービーは日本のロックバンド。メンバーはベース、ボーカル担当の岩下優介、ギター・椅子担当の千布寿也、ドラムス担当の豊田茂の三名で構成されるスリーピース・バンドである。2002年に九州・佐世保で活動を開始し、2008年から活動の本拠を東京に移している。2013年解散。

おしゃれ且つ変態な楽曲の表現”というテーマのもと結成されたクリエイティブバンド。ゆらゆら帝国やナンバーガール世代であれば新しさより先に『懐かしさ』のようなものも覚えるのではないだろうか。繰り返されるリフレインは重ねるたびに重みを増してくる。どちらかというと、NUMBER GIRLよりもZAZEN BOYSを想起させる。

おいしい水、というタイトル通りの歌詞内容にはなっているが、そこにどういったメッセージが込められているのかは定かでない。が、高速で歌い続けられる歌詞に平沢あくびのコーラスが入ることで音楽性の収斂がなされているように感じる。YOTUBEのコメント欄や、その他ブログでの評価として『平沢あくびちゃんがかわいい』との評価を多数見かけるが、『おしゃれ且つ変態な楽曲の表現』の大きな要素として活躍しているのも確かであるので、バンドの紅一点に対して『かわいい』と音楽性を無視した評価を投げることに私は嫌悪感を抱くことも多々あるが、ニガミ17才に対してはそう言った感想を持つに値するのだと思う。正しくは『おしゃれ且つ変態な楽曲の表現をしている平沢あくびちゃんがかわいい』だと思う。

1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ
https://woodtec-kimura.com

私と音楽|相対性理論




相対性理論(そうたいせいりろん)|2006年9月に結成された日本の音楽プロジェクト。東京都を基点として活動している。インディーズのレーベルであるみらいrecordsに所属。『ポストYouTube時代のポップ・マエストロ』、『全天候型ポップ・ユニット』、『ポップ・シークレット・プロジェクト』を名乗る。実験的なサウンドが特徴である。

ボーカルの”やくしまるえつこ”は相対性理論以外のユニットやソロ活動でも活躍している。

やくしまる えつこ|日本の女性歌手、作詞家、作曲家、音楽プロデューサー。ミュージシャンとして相対性理論、TUTU HELVETICA[1]、やくしまるえつことd.v.d、熱海のピンチョン、ひらくし°などのユニットで活動するほか、イラスト、朗読、ナレーション、CM音楽などの幅広い芸術活動を行っている。作詞・作曲を行う際の別名義はティカ・α。坂本龍一、鈴木慶一、近田春夫、高橋幸宏、砂原良徳、栗コーダーカルテット、大友良英、Giulietta Machine、ジム・オルーク、d.v.d、菅野よう子、sim、メルツバウ、ECD、ドラびでお、フィッシュマンズら数々のアーティストとの共作や共演を行い、ポップソングから、ジョン・ゾーンのコブラのような即興セッションへの参加まで、ボーダーレスな活動が特徴的である。

非常に透明感のある声は人知を超えている。声が聞こえているのか、聞こえていないのか、それが声だったかどうかも忘れるような、いわば”音”である。相対性理論の初期のアルバム『シフォン主義』の楽曲は、”相対性理論”のバンド名が示す通り、

スマトラ警備隊(2:42)
LOVEずっきゅん(3:19)
夏の黄金比(3:40)
おはようオーパーツ(3:29)
元素紀行(2:44)

と科学にちなんだものも多く、メロディラインや音楽性の高さ、ボーカルやくしまるえつこの声、そして暗号化されたような、歌詞の数々には衝撃を受けて人も少なくはないはず。ファーストアルバム『シフォン主義』から『ハイファイ新書』へと続くアルバムは、音楽の解体と再構築の過程をリアルタイムで目にできた感動すら覚えたものだった。

また、相対性理論+●●とゲストアーティストを迎えたものや、ソロ名義でのものにはより実験的な音楽が作りこまれており、アニメの概念を変えたといわれる”少女革命ウテナ”の”幾原邦彦”が「家族」をテーマに監督・脚本を担当するオリジナル・アニメ作品の主題歌に起用されるなど、アニメとのコラボレーションも多く手掛けている。

1人1人の仕事に、『自信』と『誇り』をもっています。お客様の笑顔に出会う事が、私たちの喜びだから。城陽市・宇治市・京田辺市・木津川市でリフォーム・新築・建替えするならLIXILリフォームショップ。ウッドテックキムラ
https://woodtec-kimura.com

最近の投稿PC版

株式会社ウッドテックキムラ
  • 宇治I様邸マンションリノベ
    宇治は三室戸にあるマンションのフルリノベーション。 こだわりの凝縮されたリノベーション。極限定的に行った内覧会 […]
  • 賃貸物件のリノベ
    ウッドテックキムラから徒歩5分。築25年近くたつ軽量鉄骨のアパートの1室。
  • 林を切り拓いた小屋
    木津川にほど近く。母屋の隣の、林のように鬱蒼とした1角に小屋を新設されたいとのことでご依頼を頂きました。弊社の […]
  • 間取をこだわりぬいた家
    宇治市の住宅街。自分が、家族が使いやすいように動線や収納スペースをしっかりこだわって考え抜いた家が完成しました […]

施工事例のブログ一覧 »»



株式会社ウッドテックキムラ

不動産の紹介一覧 »»



株式会社ウッドテックキムラ
  • 木工教室2018 予約受付開始しました
    毎年恒例ウッドテックキムラの木工教室 お盆休業も終わりまして、本日より木工教室の受付を開始いたしました。 暑さ […]
  • 木工教室2018試作品作成
    毎年恒例ウッドテックキムラの木工教室 作例の一つ『野鳥の巣箱』の試作品を作成してみました。 このような木工は久 […]
  • 木工教室2018
    毎年恒例ウッドテックキムラの木工教室 今年もやります!夏休みの恒例行事。工務店ウッドテックキムラの木工教室!今 […]
  • 花いっぱい運動2018夏を終えて
    城陽市花いっぱい運動支援事業 今年もやりました!近鉄富野荘駅東口→南へ150mの沿線沿いに、マリーゴールド・ベ […]

イベントのブログ一覧 »»



株式会社ウッドテックキムラ
  • お盆休みの思い出
    今年は8月12日~16日までがウッドテックキムラのお盆休業日でした。お急ぎのかたは誠に申し訳ございませんでした […]
  • LOGOS LAND
    京都府城陽市の総合運動場の一部と2つの宿泊施設を統一し、「LOGOS LAND」が誕生します。市とアウトドアブ […]
  • 地蔵盆
    近畿圏の皆様にはおなじみでしょうが『地蔵盆』という風習。青森で生まれ育ち、大学からここ京都に住み、早15年以上 […]
  • 分譲マンションのリノベ
    宇治は三室戸にあるマンションのフルリノベーション。 こだわりの凝縮されたリノベーション。極限定的に行った内覧会 […]

スタッフのブログ一覧 »»



株式会社ウッドテックキムラ

私と音楽のブログ一覧 »»



株式会社ウッドテックキムラ
  • 木村 圭祐
    代表取締役社長|02月24日生まれ|京都府城陽市出身 好きなもの・こと 千葉ロッテの応援・アウトドア・物造り・ […]
  • 三木 友紀子
    コーディネーター|04月20日生まれ|京都府京都市出身 好きなもの・こと 最近は料理・メッセージボードを書くこ […]
  • 尾畑 康和
    営業|08月08日生まれ|三重県南牟婁郡御浜町出身 好きなもの・こと ゴルフ・お酒・旅行 主に最初のお打ち合わ […]
  • 蝦名 正行
    広報(HMC)|09月08日生まれ|青森県平内町出身 好きなもの・こと 肉(豚)、情報収集 ウッドテックキムラ […]

スタッフ一覧 »»


最新の投稿SP版

株式会社ウッドテックキムラ
  • 宇治I様邸マンションリノベ
    宇治は三室戸にあるマンションのフルリノベーション。 こだわりの凝縮されたリノベーション。極限定的に行った内覧会 […]
  • 賃貸物件のリノベ
    ウッドテックキムラから徒歩5分。築25年近くたつ軽量鉄骨のアパートの1室。
  • 林を切り拓いた小屋
    木津川にほど近く。母屋の隣の、林のように鬱蒼とした1角に小屋を新設されたいとのことでご依頼を頂きました。弊社の […]
  • 間取をこだわりぬいた家
    宇治市の住宅街。自分が、家族が使いやすいように動線や収納スペースをしっかりこだわって考え抜いた家が完成しました […]

施工事例のブログ一覧 »»



株式会社ウッドテックキムラ

不動産の紹介一覧 »»



株式会社ウッドテックキムラ
  • 木工教室2018 予約受付開始しました
    毎年恒例ウッドテックキムラの木工教室 お盆休業も終わりまして、本日より木工教室の受付を開始いたしました。 暑さ […]
  • 木工教室2018試作品作成
    毎年恒例ウッドテックキムラの木工教室 作例の一つ『野鳥の巣箱』の試作品を作成してみました。 このような木工は久 […]
  • 木工教室2018
    毎年恒例ウッドテックキムラの木工教室 今年もやります!夏休みの恒例行事。工務店ウッドテックキムラの木工教室!今 […]
  • 花いっぱい運動2018夏を終えて
    城陽市花いっぱい運動支援事業 今年もやりました!近鉄富野荘駅東口→南へ150mの沿線沿いに、マリーゴールド・ベ […]

イベントのブログ一覧 »»



株式会社ウッドテックキムラ
  • お盆休みの思い出
    今年は8月12日~16日までがウッドテックキムラのお盆休業日でした。お急ぎのかたは誠に申し訳ございませんでした […]
  • LOGOS LAND
    京都府城陽市の総合運動場の一部と2つの宿泊施設を統一し、「LOGOS LAND」が誕生します。市とアウトドアブ […]
  • 地蔵盆
    近畿圏の皆様にはおなじみでしょうが『地蔵盆』という風習。青森で生まれ育ち、大学からここ京都に住み、早15年以上 […]
  • 分譲マンションのリノベ
    宇治は三室戸にあるマンションのフルリノベーション。 こだわりの凝縮されたリノベーション。極限定的に行った内覧会 […]

スタッフのブログ一覧 »»



株式会社ウッドテックキムラ

私と音楽のブログ一覧 »»



株式会社ウッドテックキムラ
  • 木村 圭祐
    代表取締役社長|02月24日生まれ|京都府城陽市出身 好きなもの・こと 千葉ロッテの応援・アウトドア・物造り・ […]
  • 三木 友紀子
    コーディネーター|04月20日生まれ|京都府京都市出身 好きなもの・こと 最近は料理・メッセージボードを書くこ […]
  • 尾畑 康和
    営業|08月08日生まれ|三重県南牟婁郡御浜町出身 好きなもの・こと ゴルフ・お酒・旅行 主に最初のお打ち合わ […]
  • 蝦名 正行
    広報(HMC)|09月08日生まれ|青森県平内町出身 好きなもの・こと 肉(豚)、情報収集 ウッドテックキムラ […]

スタッフ一覧 »»


BLOG i-works IKEA KUROMUKU RICHELLE-PLAT WOODONE おすすめ記事 お茶 お風呂 くる日 わたしたちの仕事 イベントのお知らせ ガレージ クリナップ システムキッチン スタッフ トイレ ドア リフォーム 不動産 住宅設備紹介 土地 城陽市K様農小屋 城陽市T様小屋 壁材 奏セミナー 宇治市Y様邸建替 宇治市YG様邸新築 完成見学会 建替 建材 新築 洗面化粧台 現場より 私と音楽 長期優良住宅化リフォーム推進事業 LIXIL

地図

[instagram-feed]