問合せ
問合せ
>>> 新着情報

最近は大森靖子⇒泉まくらにハマっている音楽が移行して「泉まくら」オンリーの音楽生活です。とはいえ、音楽を聞く時間というのも休みの日に家族を連れて車を運転しているときくらい(そのうち8割は娘のしまじろうの音楽CDをかけろと怒られている)なので、週に2時間も聴いてはいられないのですが、泉まくら、、、いいです。

話を戻してサカナクション。

昔、他にどんな音楽を聴いてたっけなと思い出しながら、高校生の頃から振り返ってみて、当時はインディーズレーベルのバンドが流行りだったなとか、ギャルバンでも尖った音楽やってるな、とか思ったりしていたり。高校⇒大学時代を経てあまり積極的に音楽を聴かなくなってはいましたが、社会人(コンビニフリーター、賃貸不動産の営業、健康食品メーカー、動物病院といろいろやってきましたが)になってから本格的にパソコンやインターネットと仲良くなりはじめ、アニメにハマっていました。どっぷりハマっていましたね。

当時で言ったらエウレカセブンにグレンラガン、とらドラ!、けいおん!などなど。今思い起こしても懐かしく思い出せます。当時付き合ってた女の子のことなども同時に思い出してしまいますね。

さらに話は逸れてしまってサカナクション。

サカナクションを聴いていたのはいつ頃だったのかな?と思い出していたらアニメのこと思い出してしまい話が逸れていました。サカナクションは、アイデンティティかバッハの旋律~頃から聴きはじめたんだっけな、、、と思ってリリース年を調べていたら2008年頃!もう10年も前だったことにびっくりしました。その頃は確か上賀茂神社横の古いビルの5階に住んでいて家賃水道ガス込17,000円。なにがアイデンティティかわからなくなってる頃でしたね。結局5年借りてる間に実質生活していたのは1年くらいだったのですが、かなり改装を重ね、最後にはミニマリストを極めるために7帖ほどの部屋ですら広く感じ、部屋の中に2帖の小屋を作って閉じこもっていました。

そんな頃でしたね、サカナクションを聴いていたのは。

サカナクションはボーカルの音質が普通に聞こえて、実際自分では音程が理解できなくて歌えないし、ベースもギターもキーボードもかっこいい。なんだかなにがカッコいいのか伝えきれない、伝える語彙を持っていないので、なんだかかっこいい、それでいい。
モデルルーム見学会
>>> 白をベースとしながら、黒鉄・無垢材・珪藻土、モールテックスと様々な異素材をバランス良く組み合わせ、特徴的な異国の家具でも調和が取れる内装デザイン。オープン階段や、仕切りのない玄関土間とリビングスペースなど、開放感と動線を意識したプランニング。1部、お施主様によるDIY部分を残しながら、ご家族の成長とともに家も育っていく家となりました。
i-works project|irei

i-works project


わたしたちウッドテックキムラは地元城陽に明治44年の土建業からスタートし100余年の歴史を持つ一級建築士事務所です。わたしたちは、建築家伊礼智氏の考えに共感し誰もが心地よいと思える家づくり。i-works projectに参加しています。手が届く価格で、ちいさくてもゆたかに暮らすことのできる住まいを提供していきます。


住宅の一般解


i-worksプロジェクトが目指す家づくりは特定の誰かのための「特殊解」でなく、「一般解」として、心地よく住まうことのできる家を、少しがんばれば手に入れることのできる価格で提供すること。そのために、これまで伊礼智が手がけてきた住宅をブラッシュアップしながら各部位を「標準化」し、面積の異なるプランに展開する計画となっています。
i-works project|irei

私達の思い


ウッドテックキムラは建築・設計・不動産の会社ではありますが、建築の役割とは、ただ建物を建てるだけでは ないように思います。その家には家族の想いや暮らし方・そして家族の想い出やそれぞれの人生、 そしてそんな素敵な家が集まったら楽しい街並みができ、地域だって変わるかもしれない。ウッドテックキムラはそんな住まい造りを提案し続けます。
施工事例ピックアップ
>>> わたしたちは、木のぬくもりの中で、健康・長生きできる快適な住まいと暮らしを提案し、この地域の人々の笑顔の輪が広がることに幸せを感じながら活動しています。明治44年からこの地(城陽市)で工務店として根付き、この地の皆様に支えられてきたからこそ、地域の和をより大きな笑顔の輪にしたいと考えています。