問合せ
問合せ

instagram  line  facebook


KUROMUKU|WOODONE

黒の鉄×無垢の木、という感性|空間を引き締め、強さやグレード感を与える黒は、古くから建築のプロにも愛されてきた。たとえば黒い鉄のサッシが印象的な、歴史あるビルの一室。そこに無垢の木が組み合わされば、空間にやわらかな包容力がプラスされる。森林で育まれた無垢の木は、材として切り出されてもなお、自然環境と仲がいい。開口部から吹きわたる風や、コートヤードからの光がよく似合う。そこに居る人の多様な暮らし方も受け止めてくれる。新しいモノと古いモノの混在。ワークライフバランス。足りなければ足す、多すぎれば引く……。そうやって柔軟に、その時々の心地よさを生み出していける。そんな空間を夢見る人へ、「黒の鉄× 無垢の木」で形づくるキッチンと収納、ここに誕生。

KUROMUKU|WOODONE

ミニマムだからこその豊かさ。


ステンレスと無垢の木の質感をあらわに、フレームや棚板など最小限のパーツで構成さ れる黒いフレームのキッチン。見せて並べるならと、調理道具にこだわってみたり。使い 勝手や気分によって、収納物のレイアウトを変えてみたり。自分なりに使いこなす楽しみ が生まれる。調理に集中できるI型|開放的でありながら調理に集中できるI型。「これが私たちの暮らしです」と、あけっぴろげに語るような佇まい。I 型のキッチンは、少々の生活感が漂うくらいがサマになる。動線も一直線になるので、ムダがなくシンプル。壁に向かって落ち着いて調理しながら、背中で家族の気配を感じとれる。交流を深めるP型|みんなが「食」を通じて交流を深めるP型。ホームパーティ、なんて仰々しいものではなくて。家族も来客もお構いなしに、みんなで作ってみんなで食べる、そんなざっくばらんな集いが似合うP 型。大人数の食器もどっさり仕舞える収納力がある。何より、無垢の木の質感は誰の手にも心地よい。

KUROMUKU|WOODONE

各シーンで活躍するKUROMUKU。


キッチン収納やテレビボード、小物をディスプレイしたり書籍を並べたりできる本棚の形状をしたものなど、リビング、キッチン、寝室など、様々な場所にご利用いただけるKUROMUKUシリーズは、i-worksのデザインが好きな方におすすめ。新築でなくとも、こだわりのお部屋を実現させたい!リフォームやリノベーションにもご活用いただけます。インダストリアルデザインが好きな方、見せる収納で大好きな雑貨や食器に囲まれたい。そんな方にお勧めのシリーズ。

KUROMUKU|WOODONE

黒の鉄×無垢の木


無垢材と黒のアイアンってなんでこんなに相性がいいんでしょうか?柔らかさと硬さ、暖かさと冷たさが混在するこの組み合わせは今、人気になっています。無垢材と無垢鉄だと、鉄の冷たさが買ってしまう印象ですよね。黒の鉄、というのがグッと心引き寄せられる秘訣なのでしょうか?思えば私たち日本人は、白の漆喰と黒に近い板材を使用した蔵などにカッコよさを覚えます。このカラーと反対色の今回のWOODONEの組み合わせも、そういう理由で心惹かれるのかもしれません。
KASEDA.A.LDK
SHIMANOMIYA.M.HOUSE
SAGANAKA.E. KITCHEN
NANRYO.N.BATHROOM
IDE.T.LDK
KYOTO.H.LDK
HIRAKAWA.K.LDK
アライズKtype浴室改装
SAGANAKA.S.BATHROOM
JOYO.S.WALL
TERADA.T.LDK


our works




リフォームも注文住宅も、規格住宅でない限り2つと同じ家はありません。家の数だけ思いがあり、建て方がある。お客様の趣味嗜好も千差万別。施工事例をみても一貫性がなく思われるかもしれません。しかしながら、その住宅の一つ一つに私達ウッドテックキムラをはじめ、施工職人の腕が入り、少なからず共通したエッセンスが見つかると思います。施工事例をご覧になり、自分たちの家もここに頼もう、そう思っていただけるのが至上の喜びです。

一級建築士事務所ウッドテックキムラでは、i-worksなどの規格住宅はもちろん、新築や建替のお客様ひとりひとりの生活スタイルやお好みに合わせた注文住宅の建築も可能です。なにもない土地に家族のために設計された家を建たい方。今まで住んでいた家に愛着はあるけれど、老朽化し使い勝手の悪い部分も見えてきた。不便や不満を思い切って解消したいけどリノベーションと建替、どっちがいいの?と悩まれている方。デザインだけではなく、耐震性能や断熱性能など、家の機能にこだわりたい方も、どうぞお気軽にお問合せください。



i-works project|irei