ウッドテックキムラロゴウッドテックキムラロゴ ウッドテックキムラロゴウッドテックキムラロゴウッドテックキムラロゴウッドテックキムラロゴ

swiperslideのショートコード




家族の変化とともに家の形を変えていく。動線、部屋の間取り、水回りの使い勝手。歳を重ねること、家族が増えること、 […]



家族が多いから玄関がいくら整理してもごちゃごちゃしてしまう。だから生活玄関と来客者玄関を思い切って分離。買い物 […]



最近ではアルミのフェンスなどが主流となり、竹垣などで囲いを作るお家は少なくなりました。今回、私共でも経験の少な […]



LDK+廊下部分の広範囲を無垢フローリングへ張り替えるリフォームを行いました。 美しい木目と、柔らかな質感、そ […]



宇治は三室戸にあるマンションのフルリノベーション。 こだわりの凝縮されたリノベーション。極限定的に行った内覧会 […]
わたしたちは、家に関するちょっとした不満・不安を持っているけど、「いったいどこに頼んだらいいの?」と悩んでいる人達のために、お話をじっくり聞き、木のぬくもりの中で、健康・長生きできる快適な住まいと暮らしを提案し、この地域の人々の笑顔の輪が広がることに幸せを感じながら活動しています。私たちが出来ることはけして多くはないかもしれません。それでも明治44年からこの地(城陽市)で工務店として根付き、この地の皆様に支えられてきたからこそ、地域の和をより大きな笑顔の輪にしたいと考えています。

ウッドテックキムラ社屋

商号 株式会社ウッドテックキムラ
代表者 木村 圭祐
創業 明治44年
資本金 1,000万円
従業員 7名
事業内容 総合建設、一級建築事務所、新築・増改築 リフォーム、土木一式、修繕・修理、不動産
免許許可 建設業許可番号 京都府知事許可(般-21)第29371号
建築士事務所登録番号 京都府知事登録 第8A-541号
宅地建物取引業者登録番号 京都府知事(4)第11123号
性能保証登録機関 株式会社日本住宅保証検査機構

ウッドテックキムラ社屋

「職人達の技を奏、人々を幸せにする」 平成6年社名変更・法人化と共に会社を受け継ぐことになりました。それまでの12年間大工として現場で働き、建築士としての資格も取り、設計事務所と工務店の両面で建築を学びました。

建築のプロとしての家造り、設計のプロとしてのコーディネート。そして、地域貢献や社会貢献をしながら地域に根差す工務店。 それらを融合しながら新しい建築のかたちを追い求め、「家造りを通じて人々を幸せにする事」に自分の夢を重ねて人のために働く。

この事が、これからの私の仕事です。ウッドテックキムラは建築・設計・不動産の会社ではありますが、建築の役割とは、ただ建物を建てるだけでは ないように思います。その家には家族の想いや暮らし方・そして家族の想い出やそれぞれの人生、 そしてそんな素敵な家が集まったら楽しい街並みができ、地域だって変わるかもしれない。ウッドテックキムラはそんな住まい造りを提案し続けます。

「人々を幸せにする事が私たちの喜び」この理念こそが家造りの設計思想であり、私たちの仕事なのだと思っています。

明治44年 木村土建 創立
昭和43年 木村工務店 設立
平成6年 株式会社ウッドテックキムラとして法人化
平成8年 一級建築士事務所登録
平成13年 トステムホームウェル(現LIXILリフォームショップ)に加盟
平成25年 LIXIL不動産ショップ(ERA)に加盟
平成26年 i-works projectに参入

ウッドテックキムラ社屋

所在地 〒610-0117 京都府城陽市枇杷庄島の宮44-2
TEL 0774-52-1387
FAX 0774-55-0106

swiperslideのショートコード




これまでの風景をダイジェストにてお送りします。



これまでの風景をダイジェストにてお送りします。



これまでの風景をダイジェストにてお送りします。



精華町は神社や川の近くの閑静な住宅地。これまでの風景をダイジェストにてお送りします。



富野荘駅、ウッドテックキムラからも近い住宅街。5月完成予定。薪ストーブ、土間リビング、1麺ガラス壁、ドラマにも […]



三重県伊賀市にあるモクモクファーム。ブタさんが自由に農園内を歩き回る風景でお馴染みなのですが、あいにくの雨のせ […]



冬の花である椿も季節を終えようとしています。4月も7日を過ぎて、ようやく汗ばむような日差しが出てきました。ちょ […]



春になり、枯れた色を見せていた植物たちもようやく緑がかってきました。特に私が好きなのは、苔なのですが、苔という […]



本日、5月1日よりの天皇即位に関わる新元号の発表がありました。いろいろな人が、新元号の予想をたてて、安永などの […]



暖かい日。日差し陰る日。やっぱりちょっと寒い日。 春が来たなと感じる日。 春と冬を目まぐるしく季節感が行ったり […]