問合せ
問合せ
>>> 新着情報

銀杏BOYZ|2003年1月、GOING STEADY解散後、峯田和伸が新たに結成した。当初は峯田のソロ名義で、エレファントカシマシの企画盤『花男』にボーカルのみで参加など活動していたが、元GOING STEADYのベースの安孫子真哉とドラムの村井守を誘い、チン中村をギターに迎え4人編成で活動を開始。

GOING STEADYは私の高校3年生時分に名盤「さくらの唄」を発表し、ガガガSPやモンゴル800など、その当時の多感な学生に多大な影響を与えたバンドのひとつ。かくいう私も生徒会長をしていた高校当時の学園祭ではGOING STEADYの「銀河鉄道の夜」をテーマソングに選ぶなど強い影響を受けていました。それから10数年後の未来にはGOING STEADYが大好きな現在の妻とも出逢い結婚に至ります。結婚式は両家両親兄弟くらいの小さな式だったので、音楽も何も凝らずひっそりと行いましたが。。。

97の世代と言われたNUMBERGIRLにSUPERCARやくるり。それと同じくらいに私に影響を与えたバンドのひとつ。
「僕は何かやらかしてみたい、そんなひとときを青春時代と呼ぶのだろう」というフレーズを聴くたびに、”僕”にもまだやらなければいけない夢があったんじゃないか?なんて夢想したりもします。
モデルルーム見学会
>>> 白をベースとしながら、黒鉄・無垢材・珪藻土、モールテックスと様々な異素材をバランス良く組み合わせ、特徴的な異国の家具でも調和が取れる内装デザイン。オープン階段や、仕切りのない玄関土間とリビングスペースなど、開放感と動線を意識したプランニング。1部、お施主様によるDIY部分を残しながら、ご家族の成長とともに家も育っていく家となりました。
i-works project|irei

i-works project


わたしたちウッドテックキムラは地元城陽に明治44年の土建業からスタートし100余年の歴史を持つ一級建築士事務所です。わたしたちは、建築家伊礼智氏の考えに共感し誰もが心地よいと思える家づくり。i-works projectに参加しています。手が届く価格で、ちいさくてもゆたかに暮らすことのできる住まいを提供していきます。


住宅の一般解


i-worksプロジェクトが目指す家づくりは特定の誰かのための「特殊解」でなく、「一般解」として、心地よく住まうことのできる家を、少しがんばれば手に入れることのできる価格で提供すること。そのために、これまで伊礼智が手がけてきた住宅をブラッシュアップしながら各部位を「標準化」し、面積の異なるプランに展開する計画となっています。
i-works project|irei

私達の思い


ウッドテックキムラは建築・設計・不動産の会社ではありますが、建築の役割とは、ただ建物を建てるだけでは ないように思います。その家には家族の想いや暮らし方・そして家族の想い出やそれぞれの人生、 そしてそんな素敵な家が集まったら楽しい街並みができ、地域だって変わるかもしれない。ウッドテックキムラはそんな住まい造りを提案し続けます。
施工事例ピックアップ
>>> わたしたちは、木のぬくもりの中で、健康・長生きできる快適な住まいと暮らしを提案し、この地域の人々の笑顔の輪が広がることに幸せを感じながら活動しています。明治44年からこの地(城陽市)で工務店として根付き、この地の皆様に支えられてきたからこそ、地域の和をより大きな笑顔の輪にしたいと考えています。